05.「El Soldado(フリーダム!フリーダム!フリーダム!)」
b0061611_2481829.jpg先行シングル『ANGEL』にも収録されていた、セクシー・ヴォーカリスト直枝政広が思い存分堪能できるスウィートソウル。何度も繰り出されるエロいファルセット・ヴォイスが下半身を直撃します。女性なら即妊娠級。こういう世界観って、カーネーションならではというか、カーネーションにしか出せ得ないような気がします。

ボクの場合、シングル『ANGEL』を聴き始めて最初の頃は、やはりその表題曲「ANGEL」のあまりの眩しさにクラクラしたんだけど、何度も聴き込んでいくうちに、この「El Soldado」の艶かしさにヤられていきまして。ある時期、「El Soldado」ばかり聴いていたこともありました。でも、結構そういう人多いんじゃないかなぁ。隠れた名曲とでもいいましょうか・・・いや、隠れてない?

直枝さんのイメージの放流みたいな歌詞も独特で面白い。意味があるようでないような、伝えたいメッセージがあるようでないような(どことなくジョン・レノンぽい)。きっとこの曲から抱く風景は聴く人によって全く違うんだろうな。そういうリスナーの想像力に委ねる詩って、すごく素敵だと思います。もはや直枝さんは作詞家ではなく、詩人です。

 青い空を描く はじまりからどこまでも 昨日の余韻が 突然炎になる
[PR]
by kesuike6 | 2004-12-06 02:48 | SUPER ZOO!
<< 06.「あの日どこかで」 ふりかえって04。 >>