ANATA☆PAPA☆60☆
2004年12月23日(木) PM6:00開演 @バナナホール

日本語を大切にした、でも、毛色は全く違う3組による楽しいイベントでした。オールステンディングで疲れたけど。客層若し。女子率高し。カーネーションのライヴに慣れているボクは逆に落ち着かない(笑・もっともっと若い奴らもカーネーション聴かなきゃ!)。たまに見かけるおじさまはおそらくラリーパパのファンだろう。

シガキマサキ(オープニングアクト)
熊本出身のシンガーソングライター。いい声をしているし、いい曲をかいていると思います。でも、それだけじゃ足りないというか・・・難しいですね、アコギの弾き語りっていうやつは。シンプルなだけに、余程何かが突出していないとキツイっていうか。何せボクの弾き語りの基準は直枝さんなもので・・・すんません。

ANATAKIKOU
個人的に大注目しているバンド。ライヴは1stシングル『リリー』のレコ発インストア@京都タワレコ(ものすごい数の人が観にきていてビックリした。メンバーに「ラリーパパの時より多いですよ」と言ったら、すごく喜んでた)しか観たことがなく、ライヴハウスで観るのは初めて。感想。いやもう、いいよっ!いいっ!気持ち悪くていいっ!彼らの音楽を無理矢理一言で言うと、XTCがフォークを歌った感じ(そういえば、出囃子がXTC「クロコダイル」だった。この曲大好きなんです)。初期のカーネーションぽくもあり。ホントこんなバンド見たことありません。最高の褒め言葉です。1月に初のフルアルバムが出るようなので、マストバイ。ワンマンも観に行こうかなぁ。あ、あとMCも気持ち悪くて最高に笑えます。(なんか気持ち悪いとしか言ってないけど、ゲテモノじゃないんでご心配なく。見た目は普通のお兄ちゃんです。見た目は)

ラリーパパ&カーネギーママ

1.まちとまち
2.メロウな新曲
3.枯葉のブルース
4.あの空は夏の中
5.どこへ行こう
6.新曲(黒猫)

このライヴを最後にドラムス辻凡人さんが脱退するということで、いささか感傷的になってしまうことも多々ありましたが、ライヴ自体は「まちとまち」から始まるいつも通りのラリーパパ、リラックスした中にも熱いロック魂が見え隠れする素晴らしいパフォーマンスでした(でも、どことなくいつもより気合いが入っていたように感じたのは、ボクの思い入れのせいなのかな)。2の新曲は個人的に初めて聴いたのですが、メロウなウエストコーストサウンドが心地よくてめっちゃ素敵で大好き。3,4,5と『LAST ALBUM』収録のズシリと地に足の着いたナンバーですこぶる良い気分。5は辻さんのドラムソロで始まるのですが、その時にチョウさんに「ドラムス辻凡人」と紹介されスポットライトを浴びた辻さんがニッコリ笑っていたのが、胸にグッときました。やはり、辻さんの叩くビートはパワフルであり優しいのです。ラストの新曲(黒猫)を聴くのはミナミホイール以来2回目ですが、前に聴いたときよりも衝撃度は強大でした。チョウさんとスチョリさん、それとガンホさん(!)のソウルフルなボーカルの掛け合いが絶妙で、果てしないロッキンなグルーヴが吹き荒れる力強い傑作。間違いなく新たなラリーパパの代表曲。いやぁ、素晴らしい。感嘆。

ライヴ終了後、カーテンコールのように辻さんを真ん中に5人が手を繋ぎ、客席に向かって照れながら一礼をして退場しました。なんとも彼ららしく、なんとも感動的な場面でした。ラリーパパはこれからも続いていくわけで、辻さんのドラマー生活もまだまだ続きます。ライク・ア・ローリング・ストーンです。いち勝手気ままなファンとして、これからの互いの活動に今まで通り期待と愛情を目一杯込めつつ、しっかりと応援していこうと思います。頑張りやー。

※アルバムレビュー⇒『dreamsville』『LIVE』

東京60WATTS
カーネーション「60wはぼくの頭の上で光ってる」を出囃子に使っているという噂を聞いていたので楽しみにしてたのに、普通に出てきた。残念。ライヴは、いやぁ~元気ですね、勢いありますね、盛り上げるのも上手ですね。すごくいいバンドだと思います。人気が出るのも分かります。でもねぇ、ヴォーカルの青臭さや歌詞の青臭さがねぇ・・・正直、苦手。キーボードの人の声のほうが好きだもんなぁ(この人、無頼庵のアルバムに参加してるんですね)。周りが最高に盛り上がってるのに、自分だけ乗り切れてないのが何だか申し訳なくて、途中で出て行きたくなりました(2回目のアンコールがあったみたいだけど、さすがにボクは会場を出ました)。たぶん、彼らのような音楽はボクらの世代がグッとくるはずなんだろうけど・・・やっぱり老けてんのかね・・・老けてんだよなぁ・・・老けてます。でも、彼らが売れてくれることは全然アリなので、どうか頑張って欲しいと思います。
[PR]
by kesuike6 | 2004-12-24 10:22 | LIVE
<< The Band 「Tear ... Ian Dury 「Somet... >>