June & The Exit Wounds 『a little more Haven Hamilton, please』('00)
b0061611_23524146.jpgボクはなんでこれを買ったのか、全く理由が解りません。大体ネオアコなんてお洒落で繊細な音楽は自分にとってホント縁遠い存在だし・・・なんでかなぁ?でも、デモ、DEMO、めっちゃくちゃ好きなんだよなぁ、困ったことに。自分でコンピレーションを作るときなんかは、必ずと言ってこのアルバムから1曲入れたい衝動に襲われます。なんでかなぁ?

ジャジーでビーチ・ボーイズでギターポップ。まぁありがちっちゃあありがちだけど、このトッド・フレッチャーという人のメロディーメイカーぶりと優しい歌声はなかなかのもんです。こんな音楽を聴いている女の子はきっと素敵だろうけど、たぶんボクみたいな人間を好きにはならないだろうな。なんとなく。て、そんな自虐的になるなよー。
[PR]
by kesuike6 | 2004-12-30 00:11
<< カーネーション 「幻想列車」(... Rufus Wainwrigh... >>