セロファン 『WANDERING MAN』('00)
b0061611_234256.jpgジャパニーズ・ギターポップ・バンドの雄、セロファンの傑作2nd。セロファンといえば、世間的にはスピッツ・フォロワーみたいな言われ方をすることもあるんですが、それよりも、やっぱりカーネーション・フォロワーでしょうな。実際セロファン自身も公言してるくらいだし、カーネーション・フリークなら思わずニヤッとしてしまうような曲が満載です。このアルバムも前年に出たカーネーションの大作『Parakeet & Ghost』の影響下にあることは明らか。でも、そんな予備知識を抜きにしても、十分楽しめるマジカルなポップ・アルバムです。むしろ、『Parakeet & Ghost』よりも聴いた回数が多いんじゃないかなぁ。1曲1曲アイデアの詰め込み方がギュッと濃密で、それでいてスカッと爽やか。捻れ具合もいい塩梅だし。ある意味、僕にとって理想的なギターポップです。数多いる日本のギターポップバンドの中でも、セロファンはかなりユニークなバンドだと思ってるのですが・・・なかなかブレイクしないですね。てゆうか、なんだかんだキャリアも結構長いし、もう中堅バンドだもんなぁ。ムーンライダーズ⇒カーネーション⇒セロファン、このラインはなんだか不遇ですね。セロファンはアメリカに行ったほうが売れるんじゃないか?と誰かが言ってましたが、僕もそういう気がしないでもないです。

※この次のアルバム『HALF LIFE』ではさらにスケール・アップして、これまた傑作です。お薦め。

※このバンドも好きかも⇒カーネーション、ムーンライダーズ、後期ビートルズ、ビーチ・ボイーズ、ジェリーフィッシュ、XTC、Fountains Of Wayne
[PR]
by kesuike6 | 2005-01-18 02:50 | ALBUM(SINGLE)
<< カーネーション 「長い休日」(... ソウル・フラワー・ユニオン 「... >>