カーネーション 「長い休日」('02)
b0061611_2241331.jpgV.A.『Smells Like Teenage Symphony』収録曲。結果的に、5人体制のカーネーション最後の曲となった「長い休日」。実際、その頃のカーネーションは'00年に『LOVE SCULPTURE』を出してから文字通り長い休日中だったのですが、このコンピレーションで久しぶりに新曲が聴けるということで、非常に楽しみにしていたのです。で、蓋を開けてみたら、これが何とも清々しい爽快な3分ポップスで、その前の『LOVE SCULPTURE』がヘヴィーな作品だっただけに、その軽やかさにかなり面食らったのでした。

個人的に大好きなんです、この曲。僕はポップスの究極は3分ポップスだと思ってるので、それゆえカーネーションには3分ポップスを歌ってほしいと常々思ってまして(なぜか、このことはカーネーションに対してしか思わないんですけど)。そういう意味でも、この曲を聴いた時、すごく嬉しかったんですよね。イントロの軽快なストロークでかき鳴らされるギター、目が眩むようなキラキラしたキーボード、3分という短い時間にきちんと起承転結のあるキャッチーなメロディー。これこれ!いいやん!全然いけるやん!

どうやら直枝さん自身も3分ポップスを作りたいみたいで。でも、あれこれしているうちに長くなっちゃうらしいです。そうだなぁ、カーネーションが「ANGEL」を3分で歌えるようになれば、もうホント無敵なんだと思います。今でも十分無敵だけど。

※ちなみに、このコンピレーションには他にも、直枝さんがプロデュースしてるコモンビル(最高!)とか、棚谷さんがプロデュースしてるタイライクヤ、鳥羽さんがプロデュースしてる各駅停車、昨日取り上げたセロファン、Chains、初恋の嵐、岩見十夢、無頼庵、ゲントウキ、永江孝志、Runt Star、前園直樹など、みんな若くて素晴らしい才能を持った人たちばかりで、かなりイケてるコンピレーションだと思います。とはいえ、ダントツ最長老のカーネーションの曲が一番若々しいというのがやっぱり凄いですけど。
[PR]
by kesuike6 | 2005-01-19 03:25 | CARNATION
<< 小坂忠 「しらけちまうぜ」(&... セロファン 『WANDERIN... >>