小坂忠 「しらけちまうぜ」('75)
b0061611_2133386.jpgジャパニーズ・ソウルの大名盤『ほうろう』収録曲。偶然テレビで耳にしたこの曲がえらく気に入って、その日のうちにアマゾンで注文したのです。最近紹介してもらって入会したmixiでこのことを報告したら、結構反響がありましたもんで・・・。

マッチもオザケンもカヴァーした「しらけちまうぜ」は、作詩・松本隆/作曲・細野晴臣/編曲・細野晴臣&矢野誠、演奏はティン・パン・アレイ、歌うはもちろん小坂忠という、日本のロック/ポップスの大御所ばかりでクラクラしますけど、それよりも何も僕はこういう小粋な歌謡ソウルが大好きなのです。基本的には都会的でお洒落なんだけど、全然気取ってないというか。良い意味で、日本語のダサさがいい味出してるんですよね。いいわぁ。それにしても、この松本隆さんの歌詞はホント最高です。まずタイトルの「しらけちまうぜ」からして素敵なんですけど、振られた男の精一杯の強がりを描写したちょっとハードボイルドな詩が泣けるんです。

  小粋に別れよう さよならベイビイ 振り向かないで
  彼氏が待ってるぜ 行きなよベイビイ 早く消えろよ
  涙は苦手だよ 泣いたらもとのもくあみ しらけちまうぜ
  いつでも傷だらけ 愛だの恋は今さら しらけちまうぜ

・・・わかるなぁ。

僕は「しらけちまうぜ」を聴いたとき、カーネーションの「Happy Time」を真っ先に思い浮かべたのですが、どうでしょうか?アレンジ、特にギターの感じとか結構似てると思うんですけどね。
[PR]
by kesuike6 | 2005-01-20 03:10 | SONG
<< カーネーション 「摩天楼に雪が... カーネーション 「長い休日」(... >>