加藤いづみ 『Sad Beauty』('97)
b0061611_15231780.jpgあのぅ、これが結構いいんすよ・・・ね。

特にカーネーションファンは要チェックですぞ。だって、プロデューサーが白井良明、上田ケンジ、そして直枝政太郎のお三方ですから。間違いなく『Parakeet & Ghost』のあのミラクルはここが出発点です。直枝さんプロデュースの3曲はカーネーションが完全バックアップしてまして、曲調やサウンドも笑っちゃうくらいカーネーションです。3曲とも直枝節炸裂のかなりイイ曲だし、『booby』に入ってても全然おかしくないんじゃないかなぁ。

 もうすぐ晴れ けだるい空にさようなら
 鏡をのぞけばさえない顔をしてる
 まっすぐ前見て歩いていけるのかな
 すべてうまくゆくことなんてありえない
                  (「I LOVE YOU」)

ね、見事に直枝ワールドな詩でしょ?

また、上田ケンジプロデュース曲はかなり思いきった実験的アプローチを試みていて、これもなかなか聴き応えあります。まるで音響派のような分厚いバックトラックにいづみちゃんのアイドルちっくな透き通った歌声が乗って、不思議な浮遊感を醸し出しています。この後、カーネーションが上田ケンジさんをプロデューサーとして迎えたのもなるほどうなずけますね。

このアルバムは、プロデューサーがいづみちゃんに歩み寄るというより、いづみちゃんを題材に3人のプロデューサーが自由奔放に料理した作品という印象ですね。プロデューサー色が強い。でも、それが結構うまくはまっていて面白いと思います(コアないづみちゃんファンはどう思うかわからないけど)。隠れた名盤ですよ。
[PR]
by kesuike6 | 2005-03-29 03:19 | ALBUM(SINGLE)
<< のあるいずまぁろんたいつはゆる... 直枝政広 『HOPKINS C... >>