のあるいずまぁろんたいつはゆるくてええよ。
b0061611_1223095.jpgすっかり書くのを忘れてました・・・。

Noahlewis' Mahlon Taits
Street of dreams ~ PLAYS ~ Release Tour
3/20(日) @ソクラテス 19:00 open 19:30 start
Noahlewis' Mahlon Taits / リュクサンブール公園 / THE FOX / GUIRO

とある方にお誘いを受けまして、素敵なイベントに行ってきました。会場のソクラテスはすごく洒落ていて、しかも観に来てる人もすごく洒落ていて、なんだかいつもと違う雰囲気に終始落ち着かない感じでしたが、まぁたまにはこういうのもいいかなと。で、このイベントなんですが。東京のノアルイズ・マーロン・タイツのレコ発ツアーの関西編ということで、ノアルイに馴染みのある関西の3バンド(GUIROは名古屋ですが)が加わりまして、それはそれはゆるくて心地良いイベントでした。個人的に最近はグレイトフル・デッドやラリーパパ、あるいは5人時代のカーネーションとか、ゆるい音楽に夢中だったりするので、このイベントはそんな僕の心にジャストミート!でしたね。一応ノアルイに関しては事前に音源を聴かせてもらっていてどんな音楽を演るのか知っていたけれども(しかも、めちゃくちゃ気に入ってます)、他の3バンドは音に触れるのが全く初めてでした、実は。そんな予備知識ゼロという悲惨な状況でも、それぞれのバンドの音とリズムはなんの違和感もなく自然と身体に入り込んできてくれました。嬉しい発見がいろいろありましたね。うん。

リュクサンブール公園
6つのアコーデイオンとパーカッションによる7人の女性によるアコーディオン楽団。とりあえず、7人の女性がズラーッと横に並んで楽しそうに演奏してる光景を目の当たりにしただけでもやんわりニヤけてしまいますが、彼女らが奏でる音楽もやんわりニヤけちゃうものでした。ヨーロピアンテイストの小粋で穏やかでカフェで聞くとバッチリはまるような音楽。素敵。いかにも女性らしい柔らかな音に包まれて、ほんわかした気分になりました。

THE FOX
THE FOXは前から名前は知ってたし、レコ屋で軽く試聴した記憶あります(すんません、買ってないです)。確か山本精一さんがやってるレーベルから出てたんじゃないかな。ラテン、ボサノヴァ、カリプソ・・・ゆる~い南国グルーヴが気持ちいい愉快なバンドですね。なんだろな。ライブを観た印象で彼らの音楽を例えると、“トロピカルなXTC”!?思いの外メロディーが捻じれていて、そこがすごく耳に残って印象深かったです。進藤ユカさんの陽気なキャラクターもいいですね。

GUIRO
名古屋出身の6人組(この日は5人でしたが)。フィッシュマンズのトリビュートアルバムにも密かに参加してるようです。それにしても、このバンド相当の実力者ですぞ。ソウルフルで都会的な1曲目を聴いた感じでは、なんかbenzoに似てるなぁなんて印象でしたが、それ以降どんどんそのイメージが無残に壊れていきました。もちろん、いい意味で。着物を着たかわいらしい女性コーラス隊が加わった最後の曲なんか、お経サンバだもんなぁ(笑・こればっかりは聴いてもらうしかない)。曲の完成度が高いのはもちろん、ヴォーカル高倉さんの甘くて艶っぽい歌声と、それとは対照的な青柳さんのワイルドかつブルージーなギターの絡みがめちゃくちゃカッコよかったです。こんな凄いバンドが何気なくいる名古屋、恐るべしですな(東京に出ればあっという間に人気が出るだろうな、きっと)。

Noahlewis' Mahlon Taits
そして、トリはもちろんノアルイズ・マーロン・タイツ。アコーディオン、バイオリン、アコギ、ウクレレ、ミュージカル・ソウ、ウッドベース、ドラムの7人組アコースティック・インスト・バンド。女性2人は黒いドレス、残る男性は皆タキシード(靴はスニーカーだけど・笑)というビシッとした出で立ち、そして足元にはビール!曲が進むにつれて酔いも進み、グダグダな演奏になってもそれも良い味だと笑って済ます。究極のゆるゆる音楽。野球好きの僕は、ノアルイの音楽を聴いていて元オリックスの星野伸之を思い出した。星野の投げる球はキャッチャーがミットではなく素手で取ってしまったほどの遅さにも関わらず、11年連続2桁勝利という偉業を達成した伝説の投手。しかも細身で甘いルックス。さすがに試合中に酔っぱらってはいなかったけど(試合中に酔っぱらうと言えば、同じく元阪急の今井雄太郎)。すんません、どうでもいい話でしたね。とにかくノアルイのこのゆるさは今のご時世、とてつもなく貴重だと思います。せめて音楽を聴く時くらいは、ゆるやかな時の流れの中に居たいじゃないですか?て、我ながら年寄り臭い発言ですな。ノアルイ最高っす。
[PR]
by kesuike6 | 2005-04-01 01:23 | LIVE
<< 505~five oh! fi... 加藤いづみ 『Sad Beau... >>