Chris von Sneidern & the sportsmen 『spirited』('99)
b0061611_1435882.jpgやっぱり僕はこういうザックリしたライブ感溢れるバンドサウンドが好きだなぁ。

クリス・ヴォン・スナイダーンはどうやらパワーポップ界では割と知られている人みたいです。確かこれを買ったのも、パワーポップのガイド本を読んでいてふと目に止まったのがきっかけでした。でも、そこで紹介されてたのは『Wood & Wire』というアルバムだったと思うけど・・・なんでこれを買ったんだろ!?安かったからかなぁ。これは後で知ったのですが、このアルバムは3週間くらいで売り切れたらしく、最近リイシューされたようです。少し前に書いたウィリー・ワイズリーといい、知らぬ間にレアなものを買ってることがあるみたいです。

ということで、パワーポップというイメージでこの作品を買ったのですが、いざ聴いてみると全然違ってました。かなりソウル色が強いです。ていうか、ソウルです。クリスの歌声はジェームス・ブラウンに負けじと腹の奥底からシャウトしてるし、バックバンドの演奏のノリも実にファンキー。熱いです。カーネーション直枝さんは「OOH! BABY」をガレージ・ソウルと名付けていますが、このアルバムの雰囲気なんかもガレージ・ソウルという言葉があてはまりそうな気がします。あるいは、トッド・ラングレンがソウルを歌ってる感じに近いのかな。僕は彼の他の作品を聴いたことがないので、これは勝手な憶測ですが、ジャケットを見てもハンドマイクだし、彼はもう歌いたくて歌いたくてたまらなかったんでしょうね。なんかそういう歌う喜びみたいなものがダイレクトにガシガシ伝わってきて、いいですね。ホント潔くて、爽快です。買った当時の僕よりも、よりシンプルなものに惹かれている現在の僕の方が確実にグッときてます。

※このアルバムが出た当時、クリスはジョン・ウェズリー・ハーディングと一緒に初来日し、吉祥寺Star Pine's Cafeでライブを行なったのですが、その時のオープニングアクトを務めたのは青山陽一さんだったみたいです。なるほどね。
[PR]
by kesuike6 | 2005-04-30 02:57 | ALBUM(SINGLE)
<< EELS 『blinking ... カーネーション 『LIVING... >>