よく聞く、あるいは特別な思い入れのあるカーネーションの5曲
芸がないとか言いながら、でも、せっかくなのでカーネーションで5曲選んでみたいと思います。

1.「Garden City Life」
初めて聞いたカーネーションの曲はFMから流れてきた「It's a Beautiful Day」だけど、実際にCDを買ったのは『GIRL FRIEND ARMY』が初めてだった。全てこれがいけなかった。良くも悪くも見方が変わった、人生が変わった。僕の高校時代は、とにかくこのアルバムばかり聴いていた。聴くものに困ったら、とりあえずこれを聴いていればいつでもしっくりきた。周りは誰もカーネーションなんて知らなかったけど、僕には宝物だった。その頃から今も聴き続けてるから、間違いなく一番よく聴いているアルバムだ。ということは、必然的に1曲目の「Garden City Life」が一番よく聴いている曲ということになる。それでも、相も変わらずあのイントロのギターフレーズが聞こえてくる度にワクワクするのは一体どういうことなんだろうか?この曲の歌詞も大好きで随分と影響を受けた僕は強がるのをやめ、ちょっとだらしない人間になってしまった。

2.「Edo River」
歴史を遡ってカーネーションのCDを集めているうちに、僕もやっぱりこの曲には衝撃を受けざるをえなかった。それまでテレビから流れてくる歌謡曲しか聴いてこなかった僕にはこの曲は謎だった。当時ヒップホップなんて知らないし、この歌ってるんだか喋ってるんだか判別つかない曖昧な歌い方はとにかく意味不明だった。でも、なぜかめちゃくちゃ気持ちよかった。それまで経験したことのない気持ちよさ。ああー音楽って歌って自由なんやなぁと漠然と思った。後でこの曲がたった2つのコードで出来てることを知ってさらにその想いを強くしたし、それなりにいろんな音楽を聴いてきて知識も増えてきた今でもこの曲が謎であるということには変わりがない。

3.「New Morning」
こういうズシリとした骨太なバンドサウンドを聴いたのも初めてだったかもしれない。“だから吠えることをおぼえたのさ”というフレーズにロックを感じた。カーネーションをロックバンドとして意識したのもこの曲からだと思うな。今男臭い汗臭い音楽ばかり聴いてるのは、元を辿ればこの曲のせいかもしれない。とにかく力強くて勢いがあって気持ちを奮い立たせてくれる曲なので、新年1発目に聴く曲として僕の中で定番化している。間奏の棚谷さんのピアノプレイにも男の生き様を感じる、泣ける。

4.「からまわる世界」
この曲を聴いたのは随分前だけど、いいなぁ好きだなぁと思うようになったのはここ最近のこと。カーネーションの曲は多分にそういうことが起こりうるから気を付けなくちゃいけない。だから、やめられないのだけど。ヘヴィーな気だるいリズムに乗って、狂おしい恋心が悶々と歌われる。“意味もなく君に会いたくなったよ”最強のフレーズだと思う。きっとモテる奴にこの詩は書けないだろう。美しいだけが恋じゃない、どこまでもリアルなラブソング。この曲を聴いたら、世にはびこるラブソングがずべて凡庸に見えてくる。直枝さんは詩人としても天才。それにしても、最近、世界中がますますからまわってるような気がする。自分もからまわってるけど。

5.「OOH! BABY」
それまでの鉄壁の5人体制からトリオになってしまって、これから僕の大好きなカーネーションは一体どうなるんだろう?と心配でならなかった(ある意味、カーネーションの新曲を聴くのが生き甲斐でもあったし)けど、この曲を聴いてそんな不安も一気に吹っ飛んだ。ああ、大丈夫、行ける行ける!何と言っても、直枝さんが気持ちよく歌ってくれているのが嬉しかった。やっぱり、僕は直枝さんの歌が好きなんだと再確認した。もちろん、リズム隊の素晴らしさも。僕は冒頭の“鋼みたいに強い男なんてどこにいる?いやしないさ/晴れが続くと何故か不安になるしね/生きてるってそんなもんさ”という歌詞にはいつも勇気づけられる。決して諦めじゃなく、自分は強くないというところから生まれる強さってのもあるんだよと。直枝さんは一貫してそういうことを歌ってきてるんだろうけど、この曲はそれがストレートに潔く伝わってくる。僕は勝手に人生のテーマソングだと思い込んでます。

以上5曲、我ながらカーネーションの王道って感じの選曲ですね。よく考えたら、「OOH! BABY」以外はすべてアルバム1曲目ということで、カーネーションのアルバムのオープニングは名曲多しということでしょうか。この前の音楽感謝で聴いた最新曲「Paradise Express」も新たなカーネーションスタンダードとなりそうだし、これからも名曲がバシバシ生まれそうな予感なので相変わらず阿呆みたいに期待してます。それにしても、直枝さんはどれだけアイデアが豊富なんだろうと、もうドラえもんの四次元ポケットなんて目じゃないですな。次の新作は、またいつものごとくびっくりして嬉しくてニヤケちゃうんだろうなぁ。

■バトンを渡す5名
もしやりたい人がいたら、やってみてくださいな。
[PR]
by kesuike6 | 2005-06-19 14:16 | CARNATION
<< イアン・サウスワース『200C... MUSICAL BATON >>