826
b0061611_435810.jpg本日8月26日は、カーネーション直枝政広氏、青山陽一氏、曽我部恵一氏のお誕生日ですね。おめでとうございます。て、もはや嬉しくないですか(笑)。この日になるといつも思うことですが、このお三方が同じ誕生日だというのは果たして偶然なのか必然なのか!?ホント粋なことをなさいますよね、神様。ということで、今回はお誕生日記念ということで、お三方の曲で今僕が聴きたいナンバーをそれぞれピックアップしたいと思います。(へたくそ⇒)



カーネーション 「Strange Days(1998 Home Demo)」
お土産CD-R『12/12 -The 20th Anniversary Live In KUDAN KAIKAN-』より。今聴きたいというよりは、最近とみによく聴いている曲です。この曲はシングルバージョンとアルバムバージョンがありますが、実は一番好きなのはこのデモバージョンだったりして・・・すんません、直枝さん。最初と最後に椅子がミシミシ言ってるところからいい感じなのですが、よく聴くと完成品とは歌詞が異なるところがあって、実にそこの歌い方が切ないんです。なんか今にも泣き出しそうな歌声で、思わずもらい泣きしてしまいそうです。直枝さんってデモの時の歌声がまた素敵なんですよねぇ。

青山陽一 「Los Angeles」
『ODREL』より。最初、この曲でPVを撮ったということを聞いたとき、「Rainbow」や「Ultra Sonic Bicycle」ではなく、なんでこんな地味な曲を選んだのだろうと不思議に思ったものです。つまり、最初はあまり印象に残らなかった曲だったのですが、何度も繰り返し聴くうちにどんどんその存在感が増していきまして、今ではすっかり大好きな曲です。そういう意味でも、青山さんらしい曲ですよね。この曲のアコギの音がものすごくクリアでビックリ、鳥羽さんのイイ仕事ぶりも堪能できます。それにしても、この曲のPV(チラッとしか見てませんが)での青山さんのどこかよそよそしい感じ、クスッと笑えます。

サニーデイ・サービス 「真夜中のころ・ふたりの恋」
『MUGEN』より。このアルバムはなんとなくビートルズ『Revolver』と重ねて見てしまうのですが、ということはつまり大好きなアルバムなのです。あと、どことなくカーネーション『Parakeet & Ghost』の肌触りを感じたりもしますね(まぁ、このアルバムについてはまたいつか書きたいと思います)。もうすっかり今は真夜中、というベタな理由でこの曲を選びました。真夜中の高速道路をオレンジ色のライトを浴びながら気持ち良く走っているその風景がくっきり目に浮かんで、なんだかメロウな気分になります。松田幸一さんのハーモニカ、素敵だなぁ。

Happy Birthday!!
[PR]
by kesuike6 | 2005-08-26 03:31 | OTHERS
<< オリジナル・ラヴ 『踊る太陽』... CINEMA BATON >>