ははの気まぐれ 『おかしなあのコ』('02)
ジャック達を聴いていて、今度はこのバンドを思い出した。誰も知らないだろうけど。

 ははの気まぐれ



以前、京都のロビンズというバンドを紹介したことがあるけど、そのロビンズのメンバーである松尾知生くんのもう一つのバンドが、ははの気まぐれ。ロビンズはビーチボーイズ・ライクな夢見心地ハーモニーを存分に聞かせてくれる素敵なソフトロック・バンドだけど、ははの気まぐれは、まぁそうですねぇ、脱力サイケデリックGSバンド(?)とでも言いましょうか。ヴェルヴェッツ、村八分、ゆらゆら帝国、スパイダース、キンクス…彼らの音楽を例えるときにそういう名前が出てくるみたいですけど、僕の中では、お茶目なゆらゆら帝国という感じかな。そうそう、スパイダースと言えば、ははの気まぐれはムッシュかまやつ御大と最近よく一緒にライブをやってるみたいです(来月もあるそうな)。アングラ臭漂うB級バンドとムッシュとのセッション、うーん、気になる。

b0061611_23351773.jpgそんなははの気まぐれのファースト・アルバム『おかしなあのコ』。カルトGSっぽいローファイ・サウンド。一見、明るくてポップなんだけど、どこか陰のある根暗なメロディー。引きこもり少年の妄想のような歌詞。でも、どことなくユーモラスで可愛らしいのです。中には「砂しか食べない」という、とんでもない曲がありまして。ムーンライダーズに“24時間 砂を食べていたい”と歌ってる曲(「Don't Trust Anyone Over 30」)を聴いて、スゴイ歌詞だなぁと思ったものですが、こっちは砂しか食べないんですからね、さらにスゴイ。実際、砂を食ってる人が目の前にいたら怖すぎます、弁当箱のふたを開けたら砂だらけだったりしたらもう…。「おかしな彼女」の歌詞も可笑しい。“ヨダレをたら~り こっちを見ているあのコはいつも夢の中 僕を捕まえる あはは~ん あはは~ん捕まえた”…あはは~んって。僕は京都に5年暮らしましたけど、ははの気まぐれの音楽はなんかやっぱり京都っぽいんですよね、ていうか、その頃の僕っぽいです、砂食ってましたから、いや、今もそうか(笑)。

次にジャック達が関西にやってくるとき(来年3月という噂!?)は、ははの気まぐれと対バンして欲しいな。
[PR]
by kesuike6 | 2005-09-28 23:38 | ALBUM(SINGLE)
<< ソフテロ 『「よろしうら」+「... アーティスト索引 >>