豊田道倫 『SING A SONG』('04)
b0061611_20452610.jpgずっとこの作品について話したかったけど、どう話していいのか分からない…。

CD2枚組全28曲約128分。全曲アコギの弾き語り。未だ最後まで通して聴いたことがないけれど、僕にとってすごく大切な作品だ。余計な虚飾の一切無いシンプルな言葉とメロディーはあまりに優しく、鼻にかかって調子っぱずれな剥き出しの歌声はあまりに美しい。同時に、あまりにリアルで痛々しくもあるが。夜が更けてくると無性に聴きたくなる。嗚呼、生きるってことは寂しいし、生きるってことは切ないし、生きるってことは狂おしいし、生きるってことは楽しい…なんて、大げさなことを考える。あ、そう言えば、あの人、今何してんだろう?何思ってるんだろう?元気かな?ふと顔を思い浮かべてみたりする。輪郭がぼやけてる。ふぅ、なんだかウトウトしてきたな…さぁ、寝ようか…。

この作品はオーバーダビング無しの全て一発録り、しかも、たった1日で全曲録音されたそうだ。ライナーには、録音日は2004年6月20日と記してある。その日は僕の25回目の誕生日だった。なんか嬉しいな。
[PR]
by kesuike6 | 2005-11-18 20:47 | ALBUM(SINGLE)
<< Ocean Colour Sc... 御堂筋横断-完全版- >>