奥田民生 『月を超えろ』('99)
b0061611_2255220.jpg白いとっくりセーターに長髪、ぎこちなく白い歯を見せる民生さん、素敵ですね!?ふた昔前のアイドル風コスプレでひゃひゃひゃと笑えますが、今の僕も襟足をもう少し伸ばせば間違い無く同じ髪型になります…やばいです、このまま行けば、ふた昔前のアイドルに憧れてるちょっと痛々しい人になってしまいます。これはいけません、時代遅れもいいとこです。とか言いながら、結構いいかも、と思ってしまってる自分がいたりして…イタタ。

て、そんなことはどうでもよくて。このマキシシングル、傑作ですよ。表題曲「月を超えろ」はズシリとやや重ためのグルーヴが渋い哀愁のロックンロールナンバー。民生さん自身かなり気に入ってたみたいだし、CMでもガンガンに流れてたけど、あんまり売れなかったような…Whyなぜに!?なんて言ってる僕も、これは名曲だ!と確信したのは実は昨日のことでして。ここ最近、僕の中で急激にニール・ヤング&クレイジー・ホースの炎が燃え盛っているのですが、この曲の間奏のギターソロはまさにニール・ヤングのそれじゃないかと気付きまして。決してテクニカルで華麗なギターソロではなく、ギュイーンギュイーンと弦を歪ませ、つんのめるように弾き倒す男気に満ち満ちたギターソロ。そりゃあもうカッコイイったらありゃしない、痺れまくり!このギターソロの素晴らしさを発見すれば速いもので、あっという間に曲全体が魅力的に聞こえてきました。夜の高速を車でぶっ飛ばすときに聴いたら最高だろうなぁ。

2曲目は、酔いどれソング「ワインのばか」。オヤジギャグ的センスが光るお茶目なタイトルですが、曲もまた然り。思いきりビートルズの「Things We Said Today (今日の誓い)」なのに、しっかり民生節になってるのが面白いです。3曲目「メリハリ鳥」は、マシュー・スウィートやヴェルヴェット・クラッシュばりのドライヴ感溢れるパワーポップナンバー。これは隠れた名曲ですよ。ていうか、これをタイトル曲にした方が売れたかも…。ラストはパフィーの為に書いた名曲「MOTHER」のセルフカヴァー、アコギでの弾き語り。改めて曲の良さと民生さんの歌の凄さを思い知らされました。直枝さんの「OOH! BABY」弾き語りにも負けないくらい素晴らしい演奏です。泣けます。
[PR]
by kesuike6 | 2005-12-05 22:56 | ALBUM(SINGLE)
<< The Beatles 「In... 気まぐれカセット「冬の唄05~... >>