鈴木茂 『BAND WAGON』('75)
で、その楽しかった「青山陽一×田中拡邦×キム・スチョリ×チョウ・ヒョンレ」でのアンコール。出演者全員セッションで飛び入りゲストとして紹介されたのは、な・な・なんと!青山さん曰く「大阪が誇る名ドラマー」林敏明さんでした。その瞬間、僕は条件反射的に「ハックルバック!もしくは(小坂忠&)ウルトラや!」と人知れず狂喜乱舞していました。そういう流れもあって、ついにというか今更というか、『BAND WAGON』(もちろんパーフェクト・エディション)買いました。ついでに、大声では言えませんが、『BAND WAGON』実は恥ずかしながら生まれて初めて聴きました(汗)。あのー、いわゆる歴史的名盤ってやつは、いつでも聴けるという安心感からか、意外と買うタイミング難しかったりしません?はい、しませんね・・・苦しい言い訳。

b0061611_0344536.jpgそれにしても『BAND WAGON』、大変アホな感想ですが、めちゃくちゃカッコイイ!大興奮しました、白熱しました。30年も前の作品なのに全く古くないどころか、今のどのバンドのどのロックンロールよりもガンガンに踊れる図太いグルーヴがもうとんでもなくスゴイ!ファンキー!ただただ自分の頭の中で鳴り響いているバンドサウンドを具現化したいという一心で単身アメリカに乗り込み、リトル・フィートにタワー・オブ・パワーにスライ&ザ・ファミリー・ストーン錚々たる凄腕ミュージシャン達と裸一貫ガチンコ勝負を挑んだ若き鈴木茂青年の向こう見ずなエネルギーがそのままレコードになった、なんというかまさにロック魂の塊のような作品。いやぁもうドデカイ金槌でガチコーンと後頭部を思い切り殴られた気分です、痛快。そして、茂さんの煌めくスライドギターは言うまでもなく絶品ですが、バンドの屈強な音力に負けまいとか細いながらも必死に声を張り上げるボーカルに僕は目頭が熱くなります。言うなればロックンロール情熱大陸。『BAND WAGON』を聴かずしてロックファンと名乗っていたちょっと昔の自分に大沢親分風に喝ッ!

たまに自分がロックバンドを組んだことを想像してステージに上がる時に流す出囃子はどの曲にしようか本気で悩むことがあるのですが(恥)、今なら迷うことなく「ウッド・ペッカー」ですね。踊りながらノリノリで登場してセッティングに手間取るというイメージもくっきり頭に浮かんでます。がはは。

 わざと五分も待ち合わせ遅れてった
 それなのに何故きみは
 二十五分もぼくを待たせたの
              (「100ワットの恋人」)

※林敏明さんは青山さんの所属するレーベルFlowers Landの社長さんなので、冷静に考えればそんなにビックリすることじゃないですね。
[PR]
by kesuike6 | 2006-08-31 00:39 | ALBUM(SINGLE)
<< GOING FREE! 青山陽一×田中拡邦 Acous... >>