あれよあれよでティン・パン・アレー
b0061611_0362640.jpg林立夫の小粋なドラミングに胸を躍らせ、豪華な細野晴臣ボックスに頭クラクラ、鈴木茂のますます鋭くとんがった轟音ギターに熱く大興奮!・・・となると、これはもうしょうがない、我が家では今ティン・パン・アレー旋風が吹き荒れております。その証拠として、ここ最近買った邦楽LPは以下の4枚(ちなみに、参考書はロック画報14~特集ティン・パン・アレー)。

吉田美奈子 『FLAPPER』(’76)
・・・ティン・パン・アレーを語る上で絶対外せないだろう傑作。とはいえ、村上ポンタ秀一、高水健司、松木恒秀らのフュージョン組も大活躍(A-3,4,B-2,5)していて、二組の火花を散らしたガチンコ勝負が実にスリリング!これが本当に30年前のレコードなのか!?おそろしく完成度の高いオトナなサウンドに腰抜かしました。フュージョン組の洗練の極み本格的な演奏に比べて、ティン・パン・アレーは洗練の中にもどこか茶目っ気があるというか、素敵にチャーミングな演奏に頬が緩みます。ワンモアコカコーラ!ノーサンクス!そして勿論、こんな凄すぎるバックを従えて、表情豊かに堂々とソウルフルに歌い上げる吉田美奈子さんの歌力に改めて脱帽、素晴らしいの一言です。ワンモアコッカコーラ!!・・・クレイジー・・・。

吉川忠英 『こころ』(’74)
・・・アコースティックギターの名手、吉川忠英さんのファーストソロアルバム、おそらく未CD化。ジェームス・テイラーに通じる緩やかフォーキーソウルな世界。ここでのティン・パン・アレーはゴージャスな『FLAPPER』とは真逆のイナたーく素朴な演奏、出汁のよく浸み込んだおでんの大根のごとく滋味深いサウンドにほんわか心が温かくなります。「古い時計の」は思い切り「恋は桃色」なしんみりと良い曲なのですが、それだけに(?)細野さんのベースの歌いっぷりが泣けるほど素晴らしいです。そして、不似合いなほど妙にアッパーな「今だけは」はご愛嬌ですかね(笑)。

ブレッド&バター 『レイト・レイト・サマー』(’79)
・・・アルファレコード移籍第1弾アルバム。眩暈がするほど絢爛豪華なゲストミュージシャンが大挙集結し一気に洗練と親しみ易さ倍増、これは間違いなくシティポップスの名盤(コロンビア時代って結構マニアックだったんだなぁと)。タイトルの通り、夏の終わりのちょっぴりセンチメンタルな黄昏気分満載のレコード、ていうかブレバタはいつもそうか。ユーミンの「あの頃のまま」も良いけど、一番のお気に入りは細野さん作の「The Last Letter」ですね。これは確か林立夫セレクション『NON VINTAGE』にも収録されてますが、立夫さんの叩き出す独特の粘っこいリズムが失恋をひきずる男の何とも言えない倦怠感を演出しています。間奏の(おそらく)茂さんのツボを押さえたさりげないギターソロがまた渋くてグッときますなぁ。情けなくも切ない名曲。あと、細野ボックスの後に「ゆううつ」を聴くと、どうしてもマリンバの音色にニヤリ。

久保田麻琴と夕焼け楽団 『ベターデイズ・オブ・サンセット・ギャング』(’7?)
・・・トリオレコーズ時代のベスト盤。これはもう「バイ・バイ・ベイビー」(細野さん作曲)のシングルバージョン目当てで買ったようなもの。で、そのシングルバージョンというのは、東京録音で細野さんプロデュース&アレンジでバックがハックルバック!ズシリと軽快なリズム隊、アラン父さんこと佐藤博さん専売特許のニューオリンズな弾むピアノに心ウキウキワクワク、何だかハンドクラップが止まらない。茂さんのゴォゴォ吹き上げる蒸気機関車の煙のごとく豪快スライドギターも聴き所。それにしても、つくづく細野さんは良い曲書くなぁと。しかも、ベーシストらしくまずリズムありきのポップなメロディーという曲構造が実にユニークなのです。
[PR]
by kesuike6 | 2007-03-14 00:39 | 日々レコード
<< 加藤千晶2DAYS Root is One~歌うギ... >>