とにかく楽しかったのです!加藤千晶2DAYS
b0061611_19491546.jpg『ふちがみとふなとと加藤千晶』
2007/03/22(Thu)@拾得 START 19:00
出演:ふちがみとふなと/加藤千晶(buck up 高橋結子/鳥羽修)

『ピアノを弾き語る女vol.2~加藤千晶VS島崎智子~』
2007/03/23(Fri)@martha START 19:30
出演:加藤千晶(buck up 高橋結子/鳥羽修)/島崎智子


トーキョーキョートオーサカ ウ~~~ポポ♪
あの日から頭の中、鳴り止まないのです。誰か助けてください。

というわけで行ってまいりました、加藤千晶2DAYS。2005年3月拾得での青木孝明&西村哲也&加藤千晶というメトロトロンな組み合わせのライヴ(ちなみに、その半年ほど前はバナナホールでNRBQのオープニングアクト!)以来ちょうど2年ぶり、かなりお久しぶりの加藤さん関西ライヴは京都大阪ともに大いに盛り上がりました!いやぁホント楽しかったんだなぁ~ムフフフ・・・いかんいかん思い出しただけでニヤけて怪しい人になってしまう。僕がアルバム『おせっかいカレンダー』を買ったのがつい最近(なんでもっと早く買わなかったんだ!)で、そのあまりにキュートなユーモアにベタ惚れ、で、今回初めてライヴを観させてもらって、実際目の前で繰り広げられたそのあまりにキュートなユーモアは想像以上で、加藤さんの魔法のようなピアノのリズムに心ウキウキワクワク、かと思えば時々無性に懐かしく切なくさせられ、すっかり加藤千晶ワールドの虜。加藤さんのライヴを観ていると、嗚呼、音楽って楽しいな、そんな当たり前の感想を惜しげもなく漏らしてしまう、それって実はスゴイことなんではないかと思うのです。



≪3月22日@拾得≫
拾得に着いたのが17時45分、一番乗りでした。12月の拾得、西村哲也ワンマンの時も一番乗りだったので、Mr.一番乗りと名乗ります(笑)。漬物ピラフと泡盛お湯割を注文、ピラフ旨い。店内BGMは、NRBQのライヴ盤やらPhishのライヴ盤(ホワイトアルバムをカヴァーしてるやつ、欲しい!)やら80年代っぽいものやら、けっこうてんでバラバラでした。ほぼ18時、二番目に来られたお客さんがめんちかつさん(ライヴレポはこちら)でした、あの時の悪い予感が・・・(笑)。18時半にpopholicさん(ライヴレポはこちら)到着「ありゃ?お客さんこれだけ?」、その頃は10人くらいだったでしょうか。Sさんも来られてました。たぶん18時45分くらいに近所の西村さん到着「ここいい?」「いいっすよ、いいっすよ。」ということで、なんと西村さんも合流。「西村さん、今日出ないんですか?」「出ないよー(笑)。鳥羽くんいるし、ギター2本もいらないよ。」4月8日の拾得ライヴのことやら新しいアルバム『ハンナと怪物達』(通販始まってるよ、買ってね!)の話を聞かせてもらう、そしてフライヤー3枚渡される(笑。ライヴ来てね!)。ポーク・パイ・ハッツ大前さんの力作フライヤーの裏に収録曲が書かれていました、「ひまわり」「蒼いサーフィン」「キャンディ」「赤い薔薇とブルー」「グレートフルハウス養老院」「夢の禁じられた遊び」「ヴィーナス」「冬の庭」「脱走ブルース」「ブラザー&ミスター・ムーン」「モンキー・ラブズ・イット」「京都アンダーグラウンド」全12曲タイトル見ただけでもそそられます、西村さんらしく映画のようですね。ほとんど西村さん1人で制作されたのかと思いきやゲストミュージシャンがたくさん参加されているようで、今までで一番多いと仰ってました。3年もかけると良くないよ(笑)これからは年1枚のペースでアルバム出すから、京都のバンドでも録音するよ、という嬉しい言葉も聞けましたよ。楽しみですねー。最終的にお客さん20人くらいだったでしょうか、ちょっと寂しいかなぁ。

そして、ようやくこの日のライヴの話。まずは加藤千晶さんから。加藤さんエレピ、鳥羽修さんエレキギター、高橋結子さんパーカッションという編成、オルガントリオじゃないけどこちらもれっきとしたトリオバンド、やっぱトリオはすっきりしててイイっす。新旧取り混ぜ、一筋縄でいかないユーモラスでキュートで時々無性に切ないポップなナンバー連発、なんか嬉しくなる、僕は観てる間じゅうずっと笑顔でした。加藤さんのピアノはいい意味で素っ頓狂で天才的、高橋さんのナイスグルーヴ素敵、鳥羽さんのギター渋いっ職人、とってもいいバンド。音楽は音を楽しむと書きますが、まさにそんな感じ、そして何と言っても出てる音が楽しい!素晴らしい。ライヴ後、西村さんがポツリと「コードがわからん(笑)」。加藤さんの才能に改めて惚れちまいました。

次は、ふちがみとふなと。CDは聴いてましたが、こちらもライヴは初めてです。なんかこう二人がステージに現れただけで、ピリッと空気が変わりますね。ところが、ふちがみさんのっけから恥ずかしいアクシデント発生(笑)、詳しいことは言えません。いやぁでも、ふちふなは噂に違わず素晴らしかったですよ、終始息を飲みっぱなしで聴き入ってました。ウッドベースと歌だけで、あれだけ豊かな表現できるというのは凄いとしか言いようが無いです、神々しささえ感じました。かと言って、そんな堅苦しい音楽では決して無くて、むしろ関西人らしくトボけたユーモアが濃厚可笑しすぎ、そんな独特のユルさがまた素敵なんです。「はじめまして」で大笑いさせてもらい、「You've Got A Friend」で泣かせてもらいました。西村さんもpopholicさんも大興奮されてましたね。

最後は、ふちがみとふなとと加藤千晶セッション。加藤さんのガーリーな歌声とふちがみさんのボーイッシュな歌声、対極的な歌声なのに、いや対極的だからこその見事なハマリよう。幸せ気分いっぱいなセッションでした。アンコールの三木鶏郎「僕は特急の機関士で」のとってもゴキゲンな演奏を聴いて、両者共通のユーモアのルーツはここなんだなぁと変に納得しました。音楽はやっぱり何よりもユーモアが大切なんです。

≪3月23日@martha≫
僕がmarthaに着いたのが18時過ぎ、すでに店の前にKさんがおられました。Mr.一番乗りは二番どころかMr.五番乗りくらいでした、よってこの自称は撤廃します(笑)。久しぶりのmarthaは、相変わらずイイ感じにオシャレ。左端一番前の席でKさんと相席、ビール呑みつつ色々な話をする。Kさんが食べてたキーマカレーが旨そうでした、頼めばよかった。店内BGMは、おおはた雄一や中村まりなど和物でしたね。加藤さんが随分心配されていたお客さんの入りですが、心配ご無用たくさん入りました、拾得の倍くらい居たような気がします。メンバーの親戚関係や、島崎さんのファンがけっこういたようです。19時15分くらいから、島崎さん主演の短編映画が上映されました。20歳の専門学生の卒業制作だそうです。うーむ・・・なかなか映像も難しいですねぇ。

すぐさま島崎智子さんのステージ。裸足で歌うというのは今風(?)ですが、音楽はどことなく懐かしいというか。フォークシンガーがピアノで弾き語る、そんな感じ!?ちょっと後ろ向きな歌詞をコミカルに歌うというのは好感が持てました。ていうか、とにかく彼女の人懐こくでもアクの強いキャラクターが可笑しかったです。ザ・大阪の女の子、そりゃあ今いくよくるよも大絶賛です。愛されてんだなぁ、ファンから花束もらってました。

そして、加藤千晶さんです。もちろん、側には高橋さんと鳥羽さん。加藤さんどことなく緊張気味。で、昨日と同じく「夜のバス」「チョコレートベトベト」でスタートしたのですが、曲が終わった後にいきなり加藤さん「ちょっと失礼します、暑いので服を脱ぎます。」(ドキッ)と言ってパーカーをおもむろに脱ぐと、なんとその下はリアルな怖い虎の顔がデカデカとプリントされたTシャツ!なんじゃー?曰く「大阪ホント大好き(探偵ナイトスクープ毎週欠かさず見てる)なんですけど、どこかに大阪の人は怖そうというイメージがあって、私なんか相手してくれないんじゃないかと思って。(大阪と言えば阪神タイガース)とりあえず虎を見せれば仲良くなってくれるというのを聞いたことがあるので、これ着てきました(笑)」ギャハハ会場大ウケ、これでバッチリ大阪人のハートを掴みました。そこからは怒涛の加藤千晶ワールド突入です。この日はかなり間近で加藤さんが観れたので、神経を指さばきに一点集中させてました。ありゃやっぱりスゴイです、何が何だか分かりません。あの独特の気持ち良い外し方は一体何なんでしょうか?神技です。高橋さんの小ネタ満載のパーカッションは今日も冴えまくり、鳥羽さんは気分がノっていたのか心なしかギターソロ多めでした。拾得と全く同じ選曲でもノープロブレム、今日も心底楽しめました。終盤のメンバー紹介付きの「ホットケーキはステキ」がちょいグダグダな感じで、そのおかげで妙に会場大盛り上がり。そして、ラストの「迷子のステップ」~「らくがき線路」の心弾みまくりの疾走感、超ロックンロール!最高です。アンコールはトリロー先生の「僕は特急の機関士で」、また聴けて幸せいっぱいでした。

ということで、ウキウキしっぱなしの2日間でした。
加藤さん、またすぐ関西来て下さいね!
あと、いつかチッチ&クックも観たいなぁ。

≪加藤さんの演奏曲は確かこんな感じ(*拾得のみ)≫
夜のバス/チョコレートベトベト/マカロニスコープ/カミナリ食堂/カナブン/てんとう虫/南雲通り交差点/あじさいの人/ライジングサン(*)/誰そ彼のうた/迷子のステップ/らくがき線路/ホットケーキはステキ/あたらしい眼鏡(*)/ふちふなとのセッションの為に作った秋の歌(タイトル失念)/僕は特急の機関士で(三木鶏郎)+ふちふなの歌

※3月30日吉祥寺MANDA-LA2は『ブラウンノーズと加藤千晶』。ブラウンノーズもヘンテコでポップでサイコー!この組み合わせ絶対楽しいので、お近くでお時間のある方は是非!僕の代わりに観てきてください。
[PR]
by kesuike6 | 2007-03-28 19:45 | LIVE
<< 西村哲也『ハンナと怪物達』レコ... 加藤千晶2DAYS >>