クラムボン『まちわび まちさび』
b0061611_10505941.jpg日本のベン・フォールズ・ファイヴ、矢野顕子チルドレン・・・まあ、そんなことはどーでもいいです。クラムボン、いいバンドだなあ。大好き。

どーなんでしょう?世間的には、3rd『ドラマチック』がクラムボンの最高傑作とされるんでしょうか?ボク個人的に、どーもあの亀田誠治のバリバリメジャー感溢れるゴージャスなサウンドが苦手で、名曲が揃ってはいるんだけど・・・どーも違和感が。音デカ過ぎだし。椎名林檎と亀田誠治との相性はバッチリなんだけどねえ・・・クラムボンとは・・・まーあくまでも個人的見解ですが。

というわけで、『ドラマチック』が苦手なボクはこの2nd『まちわび まちさび』がクラムボンの最高傑作だと密かに信じております。あまり大きな声では言えませんが。正直、派手さはないですけど、聴けば聴くほど味わいが増してくるスルメアルバムです。

クラムボンの魅力は、キュート&アンニュイだと思うのです。明るさと暗さが程よく混じっているというか。どーでもいいことですけど、ついさっきまで笑ってた女の子が、ふとした瞬間、翳りのある表情を見せた時にボクはグッときたりします。よくわからん例えですが、クラムボンはそーいう音楽なんですよ。根暗なポップス(笑)。うん、だからそーいう意味でね、この2ndアルバムは最強なんですよ。こんな女の子がいたらボクはあっという間に恋に落ちます。はい、意味不明。

ここだけの話ですが、ボクは女性ミュージシャンでは原田郁子さんが一番好きです。雰囲気とか声とか詞とか全部。あ、それもどーでもいいですね。
[PR]
by kesuike6 | 2004-05-25 00:30 | ALBUM(SINGLE)
<< GREAT3『METAL LU... 安藤裕子『and do, re... >>