THE FIFTH ANENUE BAND『THE FIFTH AVENUE BAND』
b0061611_1128233.jpgピーター・ゴールウェイ、ケニー・アルトマン、ジョン・リンド、ジェリー・バーナム、マレー・ウェインストック、ピート・ヘイウッドによるニューヨークで生まれた粋なロックバンド、フィフス・アヴェニュー・バンドの最初にして最後のアルバム(69年作)。30年以上経った今でも全く古さを感じさせないポップロックの傑作。

土臭いアーシーな王道アメリカンロックからホントに「粋な」という言葉がピッタリのお洒落ポップソングまで幅広い楽曲構成になっているので、これ1枚でアメリカ音楽の一番美味しいエキスをたっぷり堪能できます。洗練されたコード進行、適度にイナタい演奏、しなやかなグルーヴ、歌心溢れるヴォーカル、卓越した美しいハーモニー・・・この精神はカーネーションにも受け継がれているような気がします。そう言えば、フィフス・アヴェニュー・バンドは山下達郎氏のフェイヴァリットだったりするので、フィフス・アヴェニュー・バンド→シュガーベイブ→カーネーション(夏三部作あたりの)という流れはどうかとボクなりに考えてみるのです。
[PR]
by kesuike6 | 2004-08-10 11:27 | ALBUM(SINGLE)
<< シュガー・ベイブ「今日はなんだ... ラリーパパ&カーネギーママ『d... >>