The Velvet Crush『HEAVY CHANGES』('97)
17、18日のカーネーション大阪ワンマン2DAYSはマジで凄かった。直枝さんは「バナナ(ホール)にはロックの神がいる」としきりに言っていたけど、ホント神がかりのロックンロールショウだった。いやぁ~凄かった。

ボクはトリオ以降のカーネーションのライブの感じが大好きなのです。メロディアスでポップなメロディーにガツンとした爆音ギターとズシンと重たいリズム隊、そしてしっかりとボーカルが歌う、そんなガッツのあるロックンロール。そこで、他にこういう感じに似た作品ないかなぁ、とCD棚を探してみたんですよ。すると、真っ先に思い浮かんだのがヴェルヴェット・クラッシュ『ヘヴィー・チェンジズ』。ヴェルヴェット・クラッシュはマシュー・スウィートと共に90年代のUSインディーギターポップを牽引したロックバンドで、今やカリスマ的存在と言ってもいいと思います(最近、マシュー・スウィートと一緒に来日していましたね。今年で結成15年!)。ビートルズ直系のメロディにビーチボーイズ的ハーモニーを効かせバーズのようなカントリー風味をプラスしたパワフルなギターロックとでも言いましょうか。とにかく、最高にイカしたアメリカンロックバンドです。

そんな彼らの3枚目のアルバム『ヘヴィー・チェンジズ』は最高傑作の呼び声高い前作『ティーンエイジ・シンフォニー・トゥ・ゴッド』に比べてカントリータッチの曲が減り、よりダイナミックで重厚なミドルテンポのロックンロールが満載で非常に聴き応えのあるこれまた傑作。ヴェルクラのアルバムはどれも素晴らしいですが、特にこの作品はサウンドがぶっとくてカッコイイんですよ。リック・メンクのシャープなドラミングやポール・チャスティンの熱いボーカルなど、ホント男臭くて最高です。カーネーションの今のライブ感に結構近いと思うので、その感じが好きな人は一度聴いてみて下さい。ボクの言っていることがきっと分かって頂けると思います。聴く時は、ヘッドフォンで爆音で聴いて下さい。燃えますよ。

※パフィーの大貫亜美ちゃんがヴェルクラの大ファンで、彼女のソロ作品にヴェルクラが数曲提供していたりします。
[PR]
by kesuike6 | 2004-09-21 11:54 | ALBUM(SINGLE)
<< Ween 『quebec』(&... カーネーション 大阪ワンマン2日目。 >>