Elliott Smith 『XO』('98)
b0061611_12233745.jpg・・・昨日の夜ふと彼の声が聴きたくなった。

『XO』、それにしても悲しいアルバムだ。1曲目から最後のボーナストラックの「Miss Misery」まで悲しい。どれだけポップな曲であろうが悲しい。あまりに悲しいので最後までまともに聴いたことがない。きっとエリオット・スミスその人自身が悲しみでできている人なんだろう。別に自殺したからではない。生前から悲しかった。この悲しみの先に希望が待っているのか絶望が待っているのか、そんなことは分からない。ただただ悲しい。
[PR]
by kesuike6 | 2004-11-01 12:22 | ALBUM(SINGLE)
<< センチメンタル・シティ・ロマン... Alex Chilton 『L... >>