CAKE 『Pressure Chief』('04)
b0061611_12395351.jpg3年ぶり待望のCAKEの新作は、いつも通りの傑作だった。それにしても、ホントに変化しないよなぁ。なのに、こんなに新鮮なのはどうしてなんだろう?謎だ。

CAKEの音楽は、古き良きアメリカンルーツミュージックをヒップホップ的な感性で編集、構築していく、いわゆるミクスチャー・ロックってやつで、ベックやGラヴなんかと近いのかな。でも、個人的には、ベックやGラヴよりもCAKEの方がなぜか好きです。やる気があるのかないのかよく分からないような、リラックスした感じが心地よいです。たぶん、かなり作り込んでるんだろうけど、それがあんまり見えないのがイイ。あと、グルーヴも緩いんだか太いんだか、でも、自然と身体が動いちゃうんだよな。ジョン・マックレアの陽気でとぼけた歌声も好きだな。

5枚目の新作『Pressure Chief』は、ちょっとだけニューウェーヴは感じがプラスされたのかな。シンセがピコピコ鳴ってます。あとは、ポップでキャッチーな曲がいつもより多いような気が・・・。ま、いつも通りですね。変わらないことは必ずしも悪いことではないし、誰よりも芯がぶっとければ、それはそれでかなり魅力的です。CAKEの音楽はまさにそういう感じなのですが、それをひけらかさないユーモアがまた素敵なんですよね。本国アメリカではミリオンセラーを記録するくらい売れてる人気者なのに、日本ではほとんど知られていないのは、やっぱりそのユーモアがもどかしいと感じちゃうんでしょうかね。CAKEの音楽センスは奥田民生に通じる気がするんだけどな・・・。

それにしても、このジャケットといい、タイトルといい、なんだか意味深ですな(ここにも、CAKEのユーモアセンスが垣間見れますね)。そう言えば、ブッシュが再選したんだったよな。なんだかんだ、結局のところブッシュに落ち着いちゃうアメリカ、大丈夫なのかい?
[PR]
by kesuike6 | 2004-11-08 12:38 | ALBUM(SINGLE)
<< カーネーション 『LOVERS... Pete Ham 『Golde... >>