CHICAGO 「I'm A Man」('69)
b0061611_10592233.jpgボクがガツンと気合いを入れたい時に必ず聴くのが、この曲。スペンサー・ディヴィス・グループのカヴァーなのかな?長尺だけど、暑苦しい歌声と暑苦しいギターソロ、絶妙の間を感じさせてくれるリズム隊、燃えます。特に、互いが互いにぶつかり合う間奏は見物。ドカドカしたドラム最高だな。

この曲が入ってる『Chicago Transit Authority』って、デビュー・アルバムでしょ?当時は、ブラス・ロックとかジャズ・ロックとか言われたんだっけ?まぁそんなことはどうでもいいんだけど、シカゴのアルバムはたくさんありすぎて、どれ買ったらいいか迷ってる人は、とりあえずこれを買ったらいいのでは?ていうか、これだけでいいんじゃない?ってくらい凄いんですけど(実際、ボクはこれしか持ってないし、他のを買う気もあまりない)。ボクには聴く前は漠然とシカゴってなんか売れ線AORのイメージがあったのですけど、そういうイメージでこれ聴いたらぶっ飛びますよ。すんごいロックです。

前にカーネーションの矢部さんがシカゴのTシャツを着ていたんですけど、あのTシャツ欲しいよぉ。
[PR]
by kesuike6 | 2004-11-11 11:00 | SONG
<< grandfathers 『B... 移転しました。 >>