カテゴリ:気まぐれチャート( 3 )
ふりかえって2006
なんと2006年も今日で終わりですよ、なんだか早いですねぇ・・・などとしみじみしているうちに2007年になってしまうので、その前に恒例のやついってみましょうかね。

≪'06リリースの新譜BEST10≫
b0061611_3263968.jpg01.青山陽一 『DEADLINES』(写真)
02.レムスイム 『アンダースロウ・ブルース』
03.Sakana 『sunday clothes』
04.ヨシンバ 『4』
05.Lonesome Strings 『CANDELA』
06.Carnation 『Wild Fantasy』
07.Elvis Costello & Allen Toussaint 『The River In Reverse』
08.Chris Difford 『South East Side Story』
09.Tights 『GIRLIC REPLICA』
10.V.A. 『一九七二 春一番』

・・・ムーンライダーズも吾妻光良&ザ・スインギンバッパーズもボブ・ディランもニール・ヤングもロン・セクスミスもロス・ロボスも買いそびれているので、何とも説得力のないセレクションですが、それでも青山陽一『DEADLINES』の1位は揺るぎないと思いますぜ!とにかく僕のロック魂を熱く鋭く刺激してくれたレコードだった、バンドって最高ですね。僕らの周りで話題騒然、期待の新星レムスイム『アンダースロウ・ブルース』も実にユニークで素晴らしかった、私的ベストヒットソング'06は「OLマフィア」に決定!あと、新生ヨシンバの『4』が想像期待以上に力強くぶっとくて、なんかものすごく感動的だった。09と10については、金野さんに大感謝(涙)。

≪'06購入した旧譜BEST10≫
b0061611_32799.jpg01.福岡史朗 『Sandal Blues』
02.西村哲也 『ヘンリーの憂鬱』(写真)
03.東京ローカル・ホンク 『東京ローカル・ホンク』
04.久保田麻琴と夕焼け楽団 『Sunset Gang』
05.西岡恭蔵とカリブの嵐 『'77.9.9京都「磔磔」』
06.斉藤哲夫 『グッド・タイム・ミュージック』
07.Traffic 『John Barleycorn Must Die』
08.Bob Dylan & The Band 『The Basement Tapes』
09.NRBQ 『All Hopped Up』
10.Orleans 『Orleans』

・・・今年もたくさんの素敵なレコードに出会ったけど、なんだかんだで史朗さんと西村さんのレコードばかり聴いてた気がする。全く飽きる気配がない、怖いくらい。なので、きっと'07年も聴きまくるのでしょう。

≪'06ライヴ観戦記録≫
01/29 青山陽一、チョウ・ヒョンレ@タワーレコードNU茶屋町
04/13 青山陽一&The BM’s、MAMALAID RAG@心斎橋クラブクアトロ
05/01 若林マリ子、西村哲也、藤井貴子@はちはちInfinity Cafe
06/11 直枝政広、二階堂和美、チョウ・ヒョンレ@拾得
07/14 福岡史朗&小見山範久、レムスイム@martha
08/27 青山陽一、田中拡邦、キムスチョリ、チョウ・ヒョンレ@シャングリラ
09/07 POKE PIE HATS、M.O.N@アバンギルド
09/16 Carnation@タワーレコードNU茶屋町
09/17 Carnation@心斎橋クラブクアトロ
10/22 GREEN POKE PIE HATS@はちはちInfinity Cafe
12/08 CLOCKWORK POKE PIE HATS@拾得
12/25 青山陽一、田中拡邦、チョウ・ヒョンレ、杉野清隆@バナナホール
12/26 青山陽一、田中拡邦、キムスチョリ、原田茶飯事@バナナホール

・・・計13本かぁ、うーむ、全然行けてない。とりあえずSakanaとロンサム・ストリングスを観逃したのが痛かった。けど、数は少ないながらもそれぞれ強く思い出に残る良いライヴばかりで、ベストライヴなんて決められないなぁ。ただ、よく見てみると、青山陽一で始まり青山陽一で終わっているし、僕が今年最も多く観たアーティストも青山陽一(5回)、BM’sのライヴはそりゃあもう強烈だったわけで、やっぱり'06年は青山陽一の年だったのかなぁと。そして、今年はライヴ会場でいろんな嬉しい出会いがありました、そういう意味でも記憶に残る年になりそうです。

ということで、当ブログをいつも見て下さっている皆さま、たまに見て下さっている皆さま、たった今初めて見て下さった皆さま、ありがとうございました。亀のような更新率かもしれませんが、そこに音楽がある限りのんびり書き続けますので、来年もヨロシクお願いします。では、良いお年を!
[PR]
by kesuike6 | 2006-12-31 03:31 | 気まぐれチャート
気まぐれヒットチャート2005 【決定版】
2005年も残すところあと2日ということで、毎年恒例のやつをやろうかなと思います。昨年も買った新譜の枚数は恐ろしく少なかったわけですが、今年はさらに輪をかけて少ないです、相当ヤバイです。10枚あるのか!?と言った感じです。僕の場合、新譜に関しては、冒険はせずにしっかり吟味して、その時々の気分にバッチリ当てはまるだろうものしか買わないので、それがたまたま10枚くらいだったということです。まぁ今年はやっぱりお馴染みのカーネーションも青山陽一さんもラリーパパ&カーネギーママも新アルバム出してないっていうのが、寂しいというか(その分、2006年は期待大!)。でも、その代わりと言ってはなんですが、新たなヒーローが出てきてくれたので、随分救われました。なので、結果的には今年も満足行く音楽ライフを過ごせたと思います。

では、さっそく行ってみよう!

続きを読む(だいたい予想がつくって?)
[PR]
by kesuike6 | 2005-12-29 16:41 | 気まぐれチャート
気まぐれヒットチャート2005 【11月11日現在】
中途半端な時期ですが、急にやりたくなったもので…。

b0061611_23225115.jpg★心のベスト5~新譜ALBUM~
1.福岡史朗&BOXCOX 『SUN TIGER』
2.ジャック達 『MY BEAUTIFUL GIRL』
3.ウォーターメロン砦 『ウォーターメロン砦』
4.Aimee Mann 『THE FORGOTTEN ARM』
5.大西ユカリと新世界 『昭和残唱』





b0061611_2323154.jpg★心のベスト5~新譜SONG~
1.ジャック達 「My Beautiful Girl」
2.ウォーターメロン砦 「キッチン・ミュージック」
3.カーネーション 「ルネッサンス」
4.ラリーパパ&カーネギーママ 「黒猫よ、待て!」
5.Aimee Mann 「King Of The Jailhouse」





b0061611_23234776.jpg★心のベスト5~旧譜ALBUM~
1.筆おろし 『LIVE IN JAPAN』
2.Barry Mann 『Lay It All Out』
3.玉川裕高 with フリーボ 『玉川裕高 with フリーボ』
4.Squeeze 『EAST SIDE STORY』
5.久保田麻琴と夕焼け楽団 『ラッキー・オールド・サン』(アナログ)





※買いそびれてる新譜アルバム
長見順 『超スローブルース』、ムーンライダーズ 『P.W Babies Paperback』、Paul McCartney 『Chaos and Creation in the Backyard』、Neil Young 『Prairie Wind』、Big Star 『In Space』etc
[PR]
by kesuike6 | 2005-11-11 23:29 | 気まぐれチャート