<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Traffic 『John Barleycorn Must Die』('70)
b0061611_2153955.jpg先日の青山陽一&The BM’sのライヴは本当に素晴らしかった!最高だった!燃えた!

あまりにも感動してしまったので、なんとかこの余韻を出来るだけ長く引っ張りたいと思い、翌日レコ屋巡りを敢行、いろいろ迷った挙句、最終的に選んだレコードがこれ。青山陽一と言えばやはりトラフィック、最高傑作との呼び声高い『John Barleycorn Must Die』。僕が買ったのは日本盤初回限定見開きジャケット、ほんのちょっと高かったたが、僕の目論見は見事バッチリ当たった。A面1曲目「Glad」イントロのジャジーかつ軽快なピアノの音が聞こえてきた瞬間、昨日BM’sオルガントリオが目指していたのはまさにこれじゃないか!天晴れ、我ながら鮮やかな流れ。

『John Barleycorn Must Die』は、スティーヴ・ウィンウッド、クリス・ウッド、ジム・キャパルディのたった3人、トラフィック史上最少人数で作られた作品だそうだが、音の寂しさなんて微塵も感じない、それぞれの音のピースが寸分違わぬ正確さで組み合わさった完全無欠なバンドサウンドがまずとんでもなく素晴らしい。肉体と知性が同居したクールかつエキサイティングなジャムセッションに痺れまくり。そして、彼らから生み出されるグルーヴは途方もなく強靭だ。どの曲も雰囲気は決して分かり易くアッパーではないのにも関わらず、めったやたらに盛り上がる。彼らのグルーヴはいきなり聴き手の身体内部の奥深くに直撃し、そこからジワジワと熱が広がり、気が付けば全身火だるまになってしまっている。しかも、滅茶苦茶熱い。とりわけ、A面の3曲は相当危険だ。「Glad」~「Freedom Rider」初っ端から12分に渡る緊張感漂う妖艶極まりないメドレー、いやあもう圧巻という言葉しかない、怖いくらい背筋がゾクゾクする。続く「Empty Pages」はソウルフルでひたすらグルーヴィー、ウィンウッドのモコモコしたベースとキャパルディのシンプルなドラミングの絡みが最高、踊れる踊れる。もちろんB面の3曲も、ウィンウッドとキャパルディの情感豊かな歌とウッドのゆらめくフルートが印象的な表題曲(トラッドナンバー)を筆頭に名曲揃い。これはもう言うのもおこがましいくらいの名盤。またひとつロックを教わった、そんな気分です。

★近日(?)公開★
・グリーディ・グリーン 『Party Combo』('97)・・・最近の愛聴盤。佳曲だらけの名アルバム。
・タイツ 『Girlic Replica』('06)・・・今日買ったよ!これはアカン、ヤバイですわ(涙)。
[PR]
by kesuike6 | 2006-04-20 22:01 | ALBUM(SINGLE)
青山陽一&The BM's + ママレイド・ラグ【不完全な完全版】
b0061611_13425716.jpgまるで後頭部をドでかいハンマーで思い切り殴られて脳みそがひっくり返った気分、衝撃的な夜だった・・・。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-04-14 13:41 | LIVE
青山陽一&The BM's + ママレイド・ラグ
青山陽一&The BM's/MAMALAID RAG
2006/04/13(Thu)@心斎橋クラブクアトロ
START 19:30

青山陽一&The BM'sいやぁもう熱かった!火傷した!
ライヴ観てこんなに興奮したのは初めてかもしれない(カーネーション危うし!?)。
何度もDVD観まくって散々唸ってたけど、生はあれの800万倍は凄い、凄すぎる。
もうね、エレキギター欲しくてしょうがない、そんな最高のロックンロールショーだった、嗚呼・・・。
とりあえず、青山さんのセットリストはたぶんおそらくひょっとしてこんな感じだったと思います。

Friday Rider
罪深きグルーヴィー
Clyde Wright
月曜のバラッド
I Don't Know But You Know
4D Raven
Bright Lights Bugcity
Ultra Sonic Bicycle

難破船のセイラー
I'm So Glad (by Cream)

詳細は、落ち着いてから。
[PR]
by kesuike6 | 2006-04-13 23:58 | LIVE
今日の逸曲〈14〉
b0061611_11121482.jpg≪3月27日~4月9日≫
03/27 青山陽一with伊藤銀次 / 東京マルディグラ(DVD)
03/28 Squeeze / Jolly Comes Home
03/29 福岡史朗&BOXCOX / 雨音
03/30 さかな / Subway Lou
03/31 めんたんぴん / 新しい海
04/01 Curtis Mayfield / We’ve Only Just Begun(LIVE)
04/02 めんたんぴん / コンサート・ツアー
04/03 めんたんぴん / 春
04/04 Bob Dylan / New Morning
04/05 ラストショウ / リラックス
04/06 MAO / 僕を呼んでおくれ
04/07 カーネーション / 春の風が吹き荒れているよ
04/08 Marvin Gaye / How Sweet Is It(To Be Loved By You)
04/09 カーネーション / やるせなく果てしなく

※というわけで、今日は青山陽一&The BM’s+ママレイド・ラグのライヴ@心斎橋クアトロに行ってまいります。只今、随分久しぶりにママラグの1stアルバム聴いてます。

先日バナナホール閉鎖のニュースが報じられましたが、まだ完全に終わったわけではないです。今バナナホールでは、存続を願う人たちが集まって篭城ライヴが連日繰り広げられているようです。以下、mixi「バナナホールを存続させる会」コミュのトップページよりコピペ。


みんな集まれ! バナナホール篭城ライブ開催中!

NEWSや新聞の報道では
バナナホールは終わりを迎えた事になっています。
しかし、実際はそうではありません。
バナナホールはまだ戦っています。
バナナを潰そうとしているEDコントライブと戦っています。
どう戦っているかといいますと・・・それは篭城。
4月9日の夜からバナナホールに立てこもっています。

しかし、ただ立てこもっているだけではありません。
毎晩20:00から【篭城ライブ】を行っているのです。
もちろん飛び入り大歓迎!
今ならどなたでもバナナのステージに立てますよ!^^
是非ともみなさんバナナホールへ来てください!
存続の為の篭城ライブに参加してください。
堅苦しい事や物々しい事は何もありません。
ただみんなで楽しくワイワイやってるだけです。
そんな訳なので、
是非ともみなさん毎晩20:00からはバナナホールヘ。
友達誘ってバナナホールへ。

ありえない事ですが、
飲み物・食べ物全て無料でご用意しております。
ビール、チューハイ、泡盛、ソフトドリンク、沖縄料理。
なんでもご自由に飲んで食べていっちゃってください。
ただバナナに来るだけでもまったくもって構いません。
飲んで食って帰るだけでもまったくもって構いません。
みんなでバナナホールに集まりましょう!

13日、14日とシークレットイベントも決定しております。
あんな人やこんな人が歌ってくれる予定です
[PR]
by kesuike6 | 2006-04-13 11:06 | 今日の逸曲
Marvin Gaye 『That Stubborn Kinda Fellow / How Sweet Is It To Be Loved By You』('63/'65)
b0061611_1512395.jpg電車通勤片道1時間もらい物のアイポッドシャッフル512MBフル回転大活躍、入れる曲は日々変わっているのですが、カーネーションの『LIVING/LOVING』の頭3曲だけはほぼ不動です。「やるせなく果てしなく」「春の風が吹き荒れているよ」「LOVERS & SISTERS」、そのフッと力が抜けた切なくもパッと明るいポップスは春という季節にピッタリ、電車の窓から見える何気ない日常もなんだか愛おしく思えてきます。とりわけ満開の桜並木の間をすり抜ける時に流れてきたりなんかすると、それはもう筆舌に尽くせない幸福ムードに包まれるのです。そして、この3曲を聴いていると僕は60年代のモータウンが無性に聴きたくなります。そう言えば「春の風が吹き荒れているよ」という曲、イメージはマーヴィン・ゲイ直系の60’sソウル風味と直枝さんは解説していますが、確かに「How Sweet It Is(To Be Loved By You)」に雰囲気が似ているのでした。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-04-08 14:52 | ALBUM(SINGLE)
青山陽一 『Broken Words And Music In Concert』('06)
b0061611_1945663.jpg青山陽一さん初のライヴDVDがついにリリースされました。タイトルは『Broken Words And Music In Concert』、昨年クリスマスにSHIBUYA BOXXで豪華ゲスト(伊藤銀次、田中拡邦、堂島孝平、真城めぐみ)を迎え盛大に行われた2枚組ベスト盤レコ発ワンマンライヴから12曲収録、曲の合間には青山さん本人や参加ゲストのインタビュー映像が挟み込まれ、身体が温まった頃には終わっちゃうアっという間の85分。ファンにとってまさに待望のライヴ映像集なだけに、正直もっともっと見せてよ!欲求は無きにしも非ずですが、青山さんのライヴの魅力と魔力は十二分に伝わる内容ではないでしょうか。現に僕はもう狂ったように何度も観てます。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-04-03 19:47 | DVD