<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
福岡史朗 『Sandal Blues』('04)
休日になると外に出たくなります。アンタ疲れてるんだし部屋でゆっくりしときなよ、とも思うのですが、でも部屋でボーッとしてる間に休日が終わってしまうのもなんだか無性に勿体ない気がしてならないしなぁ、という気持ちの方が断然強く、外に出るのです。とは言っても、向かう先はいつものレコード屋さんなわけで、レコード買ったらすぐさま一直線に家に帰ってしまうわけで・・・嗚呼。一体全体こんな生活を繰り返していて果たして人としていかがなものか?自分に問いかけてみるのですが、こんな素敵なレコードに出会うとそんなことはあっという間にどうでもよくなってしまうのです。

b0061611_152424.jpg1曲目「サミー」初っ端のエレクトリックギターのヴィンテージな響きを聴いただけで、大好きだと確信した。どこか得体の知れない歪でゴツゴツした岩石のような音の塊が僕の身体中をあちこちぶつかりながら転がっていく、そうかこれがロックンロールなのか!試しにローリングストーンズの初期の曲を聴いてみたら、同じ臭いがした。とまぁこの時点でもう既に驚きなのだが、史朗さんの歌(ブルース)はそれにも増して驚愕である。得てして陥りがちな俺ブルース歌ってます的力みなんて微塵も無く、例えれば、最適温度の湯船に浸かってあまりの気持ち良さに思わず飛び出た鼻歌がブルースだった、そんなナチュラルさは凄いの一言、気が付けば僕の歩く足取りも随分と軽くなっている(サンダル・ブルースか、なるほど)。そして、やはり史朗さんの歌声はいつ聴いても衝撃的だ。一度聴いたら忘れることなんてできっこないアクの強さ、でも、無性に優しくてどこか哀愁味が漂っていて、何とも言えない不思議な魅力がある。おかげで僕は最低でも一日一回は史朗さんの歌声を聴いておかないと熟睡できない身体になってしまった、いやホント大袈裟でなく。決して派手さは無いけれど、心の奥底でガツンとくるとてつもなく素晴らしいレコードだ。

 君が眠るまで 君は眠らない
 だから僕はあきらめて歌を唄う
          (「あきらめてうたう」)

※詳しくは、こちら
[PR]
by kesuike6 | 2006-05-31 01:11 | ALBUM(SINGLE)
ロック阿呆
b0061611_0541063.jpgちょっと前、だいぶ前にTSUTAYAで借りてMDにダビングしていたローラ・ニーロの2枚組ベスト盤をようやくちゃんと聴いていたら、「Money」という曲のライブバージョンがめちゃクールでめちゃ熱い演奏とんでもなくカッコ良く、気が付けば部屋で一人“うごごごーっ”と唸り声をあげていた。と同時に、先日の青山陽一&The BM’sオルガントリオの熱狂ライヴが脳裏に浮かんで仕方なく、気になって調べてみると、ここで青山さんが“この中の「マネー」という曲がしょっちゅう頭の中で鳴る”とおっしゃっていて、やっぱりそうか!僕はほくそ笑み止まらなかった(その勢いで『Season of Lights-Complete Version-』を買ったのは言うまでもない)。とりわけ、ジョン・トロペイの艶かしくファンキーなギタープレイはアオヨーギターフリークにはたまらんのではなかろうか?

来月発売『ロック画報』でカーネーションが大特集されるというニュースで、久しぶりにカーネーション熱が復活してきた。正直、新アルバムの発売やツアー日程が発表されても全く興奮しないくらいカーネーションに対するテンションが下がっていた(ふてくされていた?)僕だけど、このニュースは何だかものすごく嬉しかった。そもそも僕がちょっとしたカーネーションのファンサイトやこのブログを始めたのも、どうせ音楽メディアなんてカーネーションを大きく取り上げることなんてないだろうし、それならもう自分でやるしかない、そんな使命にも似た想いからだったわけで、ひょっとしてそういう想いが今回の『ロック画報』につながったのかもしれない、と勝手に思い込み勝手に喜んでるという(笑)。でも、ホント、僕がサイトを始めた頃(3年近く前)に比べると、カーネーション好きを公言する人も増えてきて、mixiのカーネーションコミュだって目下817名もいるし、なんやカーネーション人気あるやん!実感できるようになってきて、しみじみ良かったなぁと縁側でお茶をすするのです・・・いやいや、まだまだ、ですな。

そんなわけで『SUPER ZOO!』を聴いているのだが、いやぁもうこれはめちゃくちゃ素晴らしいアルバムだ!って、おまえ今更何を言ってるんだという感じだが、久しぶりに聴いた『SUPER ZOO!』は初めて聴いたとき以上にガツンと胸に響いてきた。こんなにポップでしなやかでタフな作品を他に知らない。やっぱりカーネーションのアルバムは常に最新作が最高傑作なんだなぁと改めて思った。とうことはつまり、7月26日にリリースされる13枚目のニューアルバム『WILD FANTASY』への期待が否が応でも膨らんでくるというわけだ。良いのは当たり前、どれだけ想像を超えてくれるのか?すごく楽しみだ。そういえば、18日のロボピッチャーのイベントで初披露された新曲「オフィーリア」のタイトルを聞いて僕が思い出したのはザ・バンドだった、「MAGIC」はパイロットかな?

b0061611_0543568.jpg今日はBOXCOX『BOXCOXBOX Vol.1』を購入した。福岡史朗『サンダル・ブルース』収録曲のスタジオライヴバージョンだが、これがもう震えるほどカッコイイのだ!ボックスコックスは間違いなく今日本で一番危険な音を出しているバンドだと思う。ロック好きはみんな聴いたほうがいい。

BGM:BOXCOX / ラスク
[PR]
by kesuike6 | 2006-05-22 00:56 | 日々想ふ
ロック画報24
某ちゃんねるから判明、来月出る『ロック画報』でカーネーションが大特集される模様!素晴らしすぎる!
http://item.rakuten.co.jp/book/4040052/
“やがてインターネットサイトの普及とともに多くのファン・サイトが立ち上がり”って、僕のHPやブログも入ってるのかしら?ともかく、こうやって音楽媒体で大々的にカーネーションがフィーチャーされる日が来るなんて、正直ムーンライダーズ親分がいる限り無いと思ってたから、いやぁもうめちゃくちゃに嬉しいのです(涙)。

BGM:カーネーション / ルネッサンス
[PR]
by kesuike6 | 2006-05-19 00:15 | CARNATION
おひさしブルース
おっと、ぼやぼやしてたら一週間以上が経ってしまった・・・嗚呼。このままだと“あいつひょっとして死んだんじゃないか?”みなさんに心配されること必至なので、とりあえず更新しときます(笑)。とは言っても、ガッツリ書く気合いが若干量不足しているので、今回は最近の音楽話をちょこちょこつらつらと。

前回取り上げたレムスイムが予想以上に反響大きくて、僕はレムスイムじゃないけどちょっと嬉しいです。さりげなくカッコイイ名盤、まだ聴いてない方は是非!ということで、僕は相変わらず『アンダースロウ・ブルース』に夢中なのですが、その中に「北はどっちだ!」という曲がありまして、これは方向音痴を詠った歌、店から出た途端に“あれ?どっちから来たっけ?”大抵反対方向に行ってしまう大変な方向音痴の僕はやっぱり共感してしまうのです。北がどっちか分かれば苦労しないよ!嫌犬家で方向音痴、なんだか由希さんと気が合いそうです。

b0061611_2251486.jpgレムスイムを聴いていると、福岡史朗さんの歌が聴きたくなるわけで。久しぶりに『TO GO』を引っぱり出して聴いたら、あまりに凄すぎました。史朗さんは物真似ではなく正真正銘本物のブルースマンです。まぁブルースのことなんて何も分かっちゃいないですが、僕にとってのブルースは史朗さんなのです。史朗さんが三四郎と名乗っていたグリーディグリーンの1stアルバム『MW』をリアルタイム18才の時に買った、僕はイケてる高校生でした(でも、モテませんでした・笑)。

そんなレムスイムと史朗さんが7月に大阪にやってくる!そりゃあアナタこの2組で悪いわけがない、ていうか最高の夜になるに違いない!関西で観れる機会もそうそう無いでしょうし、みなさん行っちゃいましょう!ちなみに、会場の阿波座カフェ・マーサは40人入るそうです、いやぁ埋まってほしい。

7/14(金) 大阪 ダイニングカフェ+雑貨 マーサ
18:00開場 19:30開演 料金: 予約\2,000 / 当日\2,500 (ご飲食代別途)
〒550-0002 大阪市西区江戸堀3-8-16 Tel&Fax/06-6446-2314

その後、岡山・福岡・熊本とツアーは続くそうですよ!詳しくは、クリサブログさんで。

なんだかすっかりブルースづいてきたので、今日は有山じゅんじさんの『Thinkin’ of You』を購入しました。肩の力の抜けた人間味溢れるありやまなラグタイムブルースにほろ酔い、ええ気持ちやわぁ。

b0061611_22471534.jpgああそうだ、その数日前に買ったのは徳永憲の新作『スワン』と伊藤銀次『Deadly Drive』のアナログ盤。『スワン』はジャケットが黒田硫黄という時点で気合入ってますが、内容も気合十分聴き応え十二分、予想以上に力強く堂々としたポップロックアルバムで素晴らしい出来です。これについてはまた後日、詳しく。『Deadly Drive』はずっと探してた一品で、ついに見つけたのでちょっと高かったけど即購入しました。どうしてもシュガーベイブよりもイナタくなっちゃう感じが銀次さんらしい、もちろん大好きです。

ところでアンタ、タイツはどうなってるの?うーむ、途中まで書いてるんですけどねぇ・・・もうすでにmoonlightdriveさんが熱く語ってらっしゃることですし、のんびり書きますわ。

BGM:福岡史朗 / SHOOT IT OUT
[PR]
by kesuike6 | 2006-05-16 22:44 | 日々想ふ
レムスイム 『アンダースロウ・ブルース』('06)
b0061611_21403438.jpg結局、祝春一番コンサートには行けず(関西はすごい雨だったけどどうだったのだろう?)、今日はずっとレムスイムの1stアルバム『アンダースロウ・ブルース』を聴いています。いや、今日だけじゃないですね、一昨日の発売日に買って帰り早速CDをコンポのトレイに載せてからというもの身動きひとつしていないですし、マイiPodシャッフルから聞こえてくるのもレムスイム、音楽が聴けない労働中でも頭の中でレムスイム、身体は眠ってるけど頭は起きてるレム睡眠中にもレムスイム、それから・・・すなわち、僕はすっかりハマッてしまったというわけです。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-05-07 21:41 | ALBUM(SINGLE)
若林マリ子+西村哲也+藤井貴子
b0061611_1747585.jpg若林マリ子西村哲也藤井貴子
2006/05/01(Mon)@京都・はちはち Infinity Cafe
START 19:30

当ブログで以前取り上げたことのあるそれは素敵なシンガーソングライター若林マリ子さんがついに関西にやってくる!ヤア!ヤア!ヤア!しかも、それは男前なシンガーソングライター西村哲也さんと共演だし、これは何が何でも行かなければ!ということで、行ってまいりました。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-05-02 01:32 | LIVE