<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ヨシンバ 『4』('06)
b0061611_1742013.jpgカーネーション『WILD FANTASY』発売ちょうど1ヶ月前の6月26日、僕一押しヨシンバの新作『4』がリリースされました!前作『足りないもの』から実に4年、この日が来るのを首を長くして待っていた、そう、あまりに長くしすぎてろくろ首のようになってしまった僕はもちろん発売日前日にフライングゲット!早速聴いたのですが、これがもうとんでもなく素晴らしい!4年待った甲斐があったってもんじゃない、それどころかお釣りがたんまり返ってきた。スゴイぞ、スゴイ!嗚呼、なんだか嬉しくて泣けてきた。

『4』は4年ぶり4人による4枚目のアルバム。『足りないもの』発表後、青天の霹靂、長年連れ添った曲が書けて歌えてハモれるギタリストのオリジナルメンバー2人が脱退し、4人組となった新生ヨシンバ(ボーカル&ギター、ベース、ドラム、キーボード)。正直どうなることやら不安だったが、1曲目「目醒めのブルース」冒頭の吉井さんの力強い意思をヒシヒシ感じる切れ味鋭いエレキギターの音を聴いたら、そんな不安はあっという間に遠く彼方へ吹っ飛び、むしろ、素敵じゃないか!すっかり興奮して身体が熱くなっていた。日本のフィフス・アヴェニュー・バンド、キング・オブ・フォーキーソウル、極上のメロウグルーヴ、完全無欠の鉄壁ハーモニー、などと僕はこれまでのヨシンバの音楽を形容してきたわけだが、そういう要素は新生ヨシンバでもしっかりと受け継がれ、それどころかバンドサウンドはますます屈強かつカラフルに、グルーヴはより逞しくうねり、随分とタフで骨太な男気ロックバンドにスケールアップしていたのだ。それは目も眩むほどの鮮やかなカムバック劇、カーネーションほどドラマチックでは無いかもしれないけど、僕はものすごく感動した。やっぱり、ロックバンドは続けなきゃ生まれないものもたくさんあるのです。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-06-27 17:44 | ALBUM(SINGLE)
26→27
W杯、日本代表は苦戦を強いられてますなぁ。まぁ十分予想されたことなので、いちいち落ち込みませんけど。それにしても、チャンスは結構作るんですけどねぇ、いかんせんフィニッシュが決まらない。最後の最後の最後でピントがブレちゃう、ここ一番で優柔不断な日本人の国民性を見ているかのようで何とも切ない気持ちになったりして・・・。予選最終戦は対ブラジル、あまりに力の差がありすぎるので、逆に日本は伸び伸びプレーできるのではないでしょうかね。ちなみに、僕が応援してるチームはメキシコと韓国、スーパースターはいないけれどディス・イズ・チームプレイ素晴らしいサッカーだと思います。

最近の昼休みの読書はもちろん『ロック画報』カーネーション特集、何度読み返しても相変わらずグッときてサンドイッチ食いながら泣きそうになることもしばしばです。そんな愛に溢れた記事の中で、僕がすごく興味を持って読んだのは、松本亀吉さんと湯山玲子さんの文章ですね。お二方とも直枝さんの歌詞を分析しているのですが、男性と女性の感じ方の違いが如実に分かってかなり面白いです。男の僕は気が付けば亀吉さんには「そうそうそう!」、湯山さんには「へぇー、そうなんだぁ」を連発していました。(冴えない)男にとって直枝さんの詩の世界が胸に沁みて仕方が無いというのは実感を持って非常によく解るのですが、女性がどんな風に捉えているのか結構謎だったんで、たいへん勉強になりました。兎に角、どれもこれも読み応え十分なので文句の付けようの無い特集なのですが、ただひとつ贅沢を言わせてもらうなら、勝手に我が師匠、ロック漫筆家の安田謙一さんが直枝さんへのインタビューだけでなく一本記事を書いてくれれば完璧だったかなぁなんて。あ、そう言えば、先日の音楽感謝、安田さんとキングジョーさん(「ハイウェイ・バス」があんなにロマンチックな歌詞だったなんて!)も観に来られてましたよね?あとそうだ、付録サンプラーCDについてなんですけどね。何と言ってもやはり、今回の目玉はカーネーションの前身バンド“耳鼻咽喉科”と直枝さんが高校生の時に組んでいたフォークユニット“麻呂”の音源でしょう!耳鼻咽喉科は無茶苦茶に変態バンドという噂を聞いていたのですが、この「月世界紳士」という曲は想像に反してすごくポップな手触り、違う意味でびっくらこきました。妖しげな色気ムンムンのエロチックロック、一発で好きになりましたよ。そして、麻呂。これはヒドイ(笑)。なんだか今の直枝さんより遥かに老けてる演歌フォーク、しかも17歳で曲のタイトルが「皮肉」って・・・確実に不健全。飛び散る汗!爽やかな恋!キラメク青春!なんて無縁の暗黒世界にいたであろう直枝さんはやはり偉大です。

と、そうこうしているうちに、どうやら僕は27歳になったようです。

b0061611_4174558.jpgでは、27歳になりたてホヤホヤの僕が今何を聴いているのかと言うと、久保田麻琴と夕焼け楽団『サンセット・ギャング』でして。ここ最近、僕の中で久保田麻琴と夕焼け楽団ブームがまたもや猛烈に吹き荒れていまして、ついに三日前いわゆる大人買いってやつで一気に夕焼け楽団のLPが揃い、それから引っ切り無しに取っ替え引っ換え聴いてまして、そりゃあもう全てが名盤で参っちゃうんですが、そんな中で最もグッときて仕方が無いのが『サンセット・ギャング』(’74)。名義は久保田麻琴ソロとなっていますが実質夕焼け楽団の1stアルバムで、ド迫力のゴジラのジャケットで有名ですね。このレコードには僕が一番心地好いリズムとサウンドとメロディーと歌心、そして僕のありとあらゆる感情が全て詰まってるような気がして、これはもう僕そのものだなぁと。こういう想いにさせられたのはカーネーションの『GIRL FRIEND ARMY』以来でしょうか。気だるくグルーヴィーなリズムに濃厚な歌いっぷり、夏3部作あたりのカーネーションって実は夕焼け楽団の影響もあったのかもしれないなぁと想像してみたり。で、たった今僕のテーマ曲に決定したA面1曲目「たそがれのメイク・ラヴ・カンパニー」の歌詞に“レイジーブルー”という言葉が出てくるのですが、まさにそれなんですよ!僕の最大の弱点は。

BGM:久保田麻琴と夕焼け楽団 / いとしのマリー

※その久保田麻琴と夕焼け楽団、憂歌団、小坂忠&ウルトラ、オレンジカウンティ・ブラザーズらが出演したイベント『Showboat Carnival 1976@日比谷野音』の模様が収録されたDVDを観て、髭もじゃ軍団のあまりのカッコ良さに打ち震えたのですが、同じ年に直枝さんは麻呂だったというわけですか・・・。
[PR]
by kesuike6 | 2006-06-20 04:20 | 日々想ふ
ロック画報24~We Love You! カーネーション~
b0061611_23182446.jpg明日発売だけど、今日出てた!買った!読んだ!聴いた!泣いた!
全60ページ、あるのはカーネーション愛のみ。なんかもう嬉しくて堪らない。

僕は特集を読みながら、初めてカーネーションのCD(『GIRL FRIEND ARMY』)を買った日のことを思い出した。そう言えば、あの日も大雨だったなぁ。

BGM:カーネーション / やるせなく果てしなく
[PR]
by kesuike6 | 2006-06-15 23:44 | CARNATION
音楽感謝~unplugged~
直枝政広/二階堂和美(guest:渋谷毅)/チョウ・ヒョンレ
2006/06/11(Sun)@京都・拾得
START 19:00

もうすっかり京都の風物詩となりつつある素晴らしき歌心を持ったロックイベント音楽感謝に行ってきた。前回は京都クラブメトロでラリーパパ&カーネギーママ、カーネーション、鈴木祥子&カーネーションというメンツで骨太バンドサウンドをガッツリという感じだったが、今回は会場を拾得に移しチョウ・ヒョンレ、二階堂和美、直枝政広という顔ぶれ一転してアコースティックギター弾き語りを心地良くしっとりと・・・なんて、とんでもない!心地良くしっとりだって!?そんなわけない。これだけ一癖も二癖も三癖もある個性的なシンガーが揃って、しかも、楽器はギターと歌声のみの素っ裸状態、何かもう三人それぞれのミュージシャン力というよりもむしろ人間力を見せつけられているというか、あまりの濃厚さに前回よりも演奏時間は短かったはずだしずっと椅子に座りながら観ていたにも関わらず体力の消耗度は史上最高だった。もちろん、その主犯格は直枝さんだったわけだが・・・。

続きを読む
[PR]
by kesuike6 | 2006-06-12 16:31 | LIVE
音楽感謝~unplugged~
b0061611_05554.jpg直枝政広/二階堂和美(guest:渋谷毅)/チョウ・ヒョンレ
2006/06/11(Sun)@京都・拾得
START 19:00

趙さんも二階堂さんも確かに素晴らしかったのだ。
でも、直枝さんの弾き語りは何かもう凄絶だった・・・。
取り急ぎ直枝さんのセットリスト(全曲アコギ)。

1.A Dream Goes On Forever 【Todd Rundgren】
2.幻想列車
3.ハイウェイ・ソング
4.オフィーリア 【新曲】
5.ラッキー・オールド・サン 【久保田麻琴と夕焼け楽団】
6.やるせなく果てしなく
7.JUICY LUCY
8.ANGEL
en1.ダイアモンド・ベイ
en2.あの日どこかで
en3.PARADISE EXPRESS

詳細は、明日に。
[PR]
by kesuike6 | 2006-06-11 23:56 | LIVE
IKO IKO
さぁ、いよいよ迫ってきましたよ!

 音楽感謝~unplugged~
 2006年6月11日(日)
 開場:6:30PM 開演:7:00PM 
 会場: 拾得
 出演 : 直枝政広/チョウ・ヒョンレ/二階堂和美
 前売 : 2500円 (ドリンク代別途要)

三者三様素晴らしい歌を聴かせてくれること必至、素敵な一夜になることでしょう。もし3人でセッションなんかあるのなら、この個性的なメンツで一体どうなっちゃうのだろうか?興味津々なのです。

レムスイム「OLマフィア」からか、あるいはザ・ディランⅡ「プカプカ(みなみの不演不唱)」、いや、もうちょっと前の青山陽一ライヴDVDでのココナツ・バンク「東京マルディグラ」からだろうか、そりゃあまぁもちろん決定打はエルヴィス・コステロ&アラン・トゥーサン『The River In Reverse』なのだけど、今の気分はなんだかニューオーリンズ。そんな流れで、グルーヴィーキーボード奏者“アラン父さん”こと佐藤博さんの新作『AMAZINGⅡ』を買ってみると、想定外のクールな打ち込みバックトラック実にナウいサウンドだったので面食らったけども(まさにアメージング!)、さすがにアナログ時代から活躍している方なのでしっかり深いところで聴かせてくれます。そう、極上のオトナのR&Bポップアルバム、めちゃくちゃ気持ちイイです。それでもニューオーリンズっぽい音楽の旅はまだまだ続くよ、今日は久保田麻琴と夕焼け楽団『ハワイ・チャンプルー』を聴いておりました。この何とも言えないトロットロ感はいつ聴いても堪りませんなぁ、最高。ひょっとすると70年代のバンドで一番好きなのは久保田麻琴と夕焼け楽団かもしれない。そんなことを思いながら帰宅途中、紀伊國屋で麻琴さんの著書『世界の音を訪ねる-音の錬金術師の旅日記』(岩波新書)を買いました。明後日、直枝さんまた「ラッキー・オールド・サン」歌ってくれないかな(チョウさんと一緒にってのもいいかも)。

おお、今日からW杯が始まるんだった。ああ、寝不足の日々が始まる・・・。

BGM:久保田麻琴と夕焼け楽団 / いつの日お前は
[PR]
by kesuike6 | 2006-06-10 00:40 | 日々想ふ