<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
青山陽一 『DEADLINES』('06)
『WILD FANTASY』で感じた違和感は今日のテンション高い白熱ライヴを観てもどうしても払拭されなかった、嗚呼、僕が今一番聴きたい心地好い音楽とは違うところにとうとう行っちゃったのかなぁ、と一抹の寂しさを感じて、ちょっと元気無くしたり・・・。

b0061611_19503150.jpgというのも束の間で。青山陽一『DEADLINES』がそんなモヤモヤをはるか遠く彼方に吹き飛ばしてくれた!それはそれは豪快に!嗚呼、なんたる名盤で怪盤!青山さんはいつだって僕のツボは外さないが、これはもう何ちゅうかキャッチャーミット1ミリも動かずど真ん中どストライク!そうだ、思えば、ドラゴンズ山本昌が41歳1ヶ月でノーヒットノーランを達成した時にそんな予感はあったのだ、というのは思い切りこぎつけだが、しかし、それはまさに山本昌の巧みでニクい投球術のごとく、『DEADLINES』で青山さんが涼しい顔をしながらも気迫十ニ分に投げ込んでくる魔球は、打者がよし来たッ!と思って振りにいっても、微妙にタイミング狂わされ芯を数ミリ外され凡打の山チョモランマ、そして気が付けばノーヒットノーランどころか27個のアウトをたった27球で仕留める超完全試合、そんなとんでもない偉業を成し遂げたにも関わらず、平然とあまりにさり気なく、青山さんは顔や首筋にうっすら滲んだ汗を青いハンカチで丁寧に拭きながらマウンドを降りていく・・・そんな凄味。

嗚呼、また野球の喩えになってしまったので、仕切り直し。前作『ODREL』から2年ぶり通算10枚目のアルバム『DEADLINES』は、一応青山陽一ソロ名義ではあるけれど、そのサウンドは重厚で濃厚な完全なるバンドサウンドなので青山陽一&The BM’sと言い換えた方がむしろしっくりくる(ひょっとして全曲バンド編成というのも初めてではないだろうか?)。もちろんバンドサウンドに関して、青山さんはいつでも拘っていると思うのだけど、今作はとりわけバンド!バンド!バンド!極めてライヴ盤に近い仕上がり。『ODREL』でのできるだけ音数を減らすことで生まれた生々しいファンキーグルーヴは、さすらいの女ドラマー中原由貴さんの加入で一段とシャープかつ図太くなり、それに触発された他のメンバーも負けじと応戦自己主張、これほど全てのパートに見せ場があるアルバムと言うのも珍しいかもしれない(僕はもう既にエアギター、エアベース、エアドラム、エアピアノやっちゃいました)。リズムとリズムの絡み合い、音色と音色の絡み合い、それはもう絶妙の一言、とてつもなくシンプルなのにとてつもなく豊饒な旨味、いやホント、The BM’sは今日本で一番美味しいバンドだと思う。そして、青山さんのソングライティングもますます磨きがかかり、特有の謎めいたコード感はより一層ポップに煌いていて、世界中探してもどこにもない聴いたことないキャッチーさで溢れている。歌ってもめちゃくちゃ気持ちがいいんだ、これが。とにかく、大音量で聴いて、歌いまくって踊りまくって、心の底から最高のロックアルバム誕生!

全曲軽く感想を・・・
[PR]
by kesuike6 | 2006-09-21 19:50 | ALBUM(SINGLE)
青山陽一 『DEADLINES』('06)-前置き-
b0061611_2321329.jpgカーネーションごめんよ。
僕が今一番胸をときめかすのはThe BM'sなんだ。
余裕綽々顔で最高傑作誕生、最高級のバンドサウンド。
ファンキーという言葉はこのレコードを聴いてから使うべきだ。
とにかく、ヤバイ、ヤバすぎる。

取り急ぎ、興奮中。
[PR]
by kesuike6 | 2006-09-19 23:25 | ALBUM(SINGLE)
チョウ・ヒョンレ 『MY NAME IS...』('06)
b0061611_17181267.jpg最近もっぱらの僕の鼻歌です。

浪速のジャック・ジョンソンこと、ん、誰も呼んでない?ていうか、ジャック・ジョンソンよりええでぇ、て、ジャック・ジョンソンまともに聴いたことないけど。ともかく、浪速の粋な歌うたいでギター弾き、残念ながら元ラリーパパ&カーネギーママ、チョウ・ヒョンレさんの新作CDRが届いた。弾き語りライヴテイクやカヴァー曲を含む全4曲入りでタイトルが『MY NAME IS…』、そうなんです、こんな感じでやっとるんですわ、そんな名刺代わりEP。バンドの時よりもさらに肩の力が抜け、それでいてしっかりと深みを増した人間味溢れる歌心に、漏れ出る言葉は一言しみじみと「ええ歌やなぁ・・・」。

1.一人でできるかな?
・・・僕も観に行った音楽感謝@拾得のライヴテイク。あの日の光景がまざまざと甦ってくる、嬉しいなぁやっぱり。有山じゅんじさんライクなフィンガーピッキングが小気味良いほんわかソングでほっこり。
2.ベイビー
・・・この曲は先日の青山陽一×田中拡邦×キム・スチョリ×チョウ・ヒョンレ@シャングリラ(ライヴレポはどうした!?)で披露されて、その時にチョウさんがおっしゃってましたが、もうすぐ生まれてくる我が子に向けて作った曲だそう。子を想う慈愛に満ち満ちたあまりに心優しい歌で、僕はチョウ一家とは何の関係もないし、パパになる予定も微塵もないのだけど、無性に温かい気持ちになって泣けて仕方ない。おまけにアルトリコーダーの素朴な音色が追い討ちをかけて涙腺を刺激するんだなぁ、これが。
3.もう少しだけ
・・・ジェフ・マルダー「Wild Ox Moan」の日本語カヴァー。オリジナルが訳分からん歌詞なので、僕がええ歌詞つけました、と音楽感謝の時にチョウさん言ってたような。何とも不思議なリズムが妙にクセになる小粋なブルース、チョウさん渾身のファルセットボイスにロック魂をヒシヒシと。
4.狼の好物は迷える子羊
・・・セルフライナーノーツによると、神を冒涜した歌を、ゴスペル風に!とのこと、実にユニークなアイデアだし、しかもバッチリきまってる。一人多重コーラス、曰く一人ステイプル・シンガーズの分厚くて無骨なハーモニーがめちゃくちゃカッコイイ!それにアコースティックギター、スライドギター、マンドリン、シタールと弦楽器だらけの生々しく泥まみれな音の塊が奇怪で物凄い。ごっつい歌だ。それにしても、この曲の詩を聴いて読んで思ったのだけど、なんだかんだ僕は自分の都合のいい時に限って神を信じたり、神頼みしたりとホンマええかげんだよなぁ・・・でも、まぁそれって深いところでは信用してないってことか。“この瞬間も世界のどこかでは/十字を切って引き金を引いてる”ズシリと響くフレーズだ。
[PR]
by kesuike6 | 2006-09-12 17:23 | ALBUM(SINGLE)
GOING FREE!
b0061611_20312963.jpg西村哲也とPOKE PYE HATS
西村哲也 Gt,Vo/五十川清 Dr/大前チズル Key/中島かつき Bass
M.O.N
MAKOTO Vo/大前チズル Key/中島かつき Bass,Sampler
+ 西村哲也 Gt/五十川清 Dr
2006/09/07(Thu)@京都アバンギルド
START 19:30

「京都を拠点に活躍する2個性アーティストの初顔合わせ!当日は2setの対バン形式を取りながらMAKOTO, 西村哲也、2人の個性あふれるオリジナル曲を中心にバックはお馴染みのメンツでフットワーク軽やかにカバー曲やコラボ有り、サプライズ有りのライヴをお届けしますテーマは自由な感じで行こう!」

ということで、明日はエレキ弾きまくりの西村さんを堪能してきますっ!!!

 ↓↓↓

HEY!HEY!
堪能してきたぜっ!!!
POKE PYE HATSめっちゃファンキー!!!
西村さん暴れまくりで、もお最高!!!
惚れた。

 ↓↓↓

ライヴレポっぽい
[PR]
by kesuike6 | 2006-09-06 19:07 | LIVE